CATEGORY

交流回路

抵抗とコイルの直列回路の過渡現象

RL直列回路の過渡現象において、直流回路のコイルの場合、スイッチを入れてから十分に時間が経過した(定常状態)ではコイルは短絡状態と同じになります。しかし、スイッチを閉じた瞬間の過渡現象では、定常状態と異なる動きがあります。スイッチを切った瞬間の過渡現象も同様な動きが起こります。ここでは、RL直列回路の過渡現象に付いて説明します。

RLC回路(直列と並列)

RLC回路の各素子(抵抗、コイル、コンデンサ)の電圧と電流の関係にはそれぞれ違いがあります。RLC直列回路でもRLC並列回路でも、コイルとコンデンサの場合は電流と電圧の間に位相差ができます。直列の場合と並列の場合では、その位相差が正反対になります。

RLC並列共振回路

RLC並列回路の共振についての説明です。 どのような条件のときに共振状態になるのか? 共振周波数の求め方や共振状態のとき […]

RL直列回路の概要

抵抗とコイルを直列に接続したRL直列回路について、電圧、電流、インピーダンスの関係について説明します。 RL直列回路とR […]

RLC直列回路の説明

抵抗とコイルとコンデンサを直列に接続したRLC直列回路について、電圧、電流、インピーダンスの関係について説明します。 R […]

RL並列回路の概要

抵抗とコイルを並列に接続したRL並列回路について、電圧、電流、インピーダンスの関係について説明します。 RL並列回路とR […]

RC並列回路の概要

抵抗とコンデンサを並列に接続したRC並列回路について、電圧、電流、インピーダンスの関係について説明します。 RC並列回路 […]