CATEGORY

電磁気

電位とは(点電荷の場合)

電位とは、基準とする地点からの高さを意味します。また、その地点における位置エネルギーということもできます。プラスの電荷は、山の形をしていると考えると頂上の方が、電位が高いということになります。マイナスの電荷は、谷の形をしているので底の方が、電位が低いと考えることができます。

電場(電界)とは(点電荷の場合)

電界(電場ともいう)とは、帯電体のある所に他の帯電体を近づけると、この帯電体にはクーロンの法則の静電力が働きます。この静電力の働く空間のこと電界という。電界は、その点に1クーロンの電荷をおいたと仮定したときに、この電荷に働く力の大きさと方向で表わします。

電場(電界)と電位

電場とは何か?ということを地球に例えてイメージすると理解しやすいと思います。 一般的な説明では、電場とは静電気力(クーロ […]

クーロンの法則

万有引力と電気力(クーロン力)について考えてみます。万有引力の大きさから見ると、電気力(クーロン力)の大きさがどれほど大きいかが分かります。距離が1メートルのプラス1クーロンとマイナス1クーロンの電荷の引力の大きさは、90億ニュートンというものすごく大きいものです。

保存力とは何か?

保存力とは、物体を A から B まで運ぶ「力がする仕事」が、物体を運ぶ経路(道筋)に関係なくスタートとゴールの位置だけ […]

電束と電気力線

電気力線は、電界の状態を仮想の線を用いて表したものです。電界中に微小な正電荷を置くと、その電荷は電界による力を受けて電界の方向に動きます。このとき電荷が動いた仮想の線(電気力線)を用いて、電界の様子を一種の力線として、図に示すと便利でわかりやすいので、この仮想の線のことを電気力線といいます.

点電荷が作る電界の強さと点電荷に働く力

真空中の点電荷が作る電界の強さは、電荷の大きさに比例し、距離の2乗に反比例します。点電荷からr[m]離れた位置の電界の強さを、すべての点について考えると、半径r[m]の球体のすべての位置の電界の強さになります。

磁気に関するクーロンの法則

クーロンの法則(静電気)の記事で、電荷間についての説明をしました。それと同じことが磁気についてもいえます。ここでは、磁気に関するクーロンの法則を説明します。