単相2線式と単相3線式の仕組み

スポンサーリンク



単相2線式と単相3線式の仕組み

単相2線式は、単相3線式の中性線と電圧線の2本を使う方式のことで、単相100ボルトを使うことができます。

単相3線式の両側の電圧線を使うと、単相200ボルトを使うことができます。

一般家庭で使用されている電気は、100Vあるいは200Vになっています。

近頃はIH調理器やエアコンなどで200Vの電気機器も多く使われるようになっています。

ここでは、単相2線式と単相3線式の仕組みについて説明していきます。

柱上変圧器の役割

柱上変圧器は、一次側の6600Vの電圧を一般家庭で使えるように、二次側で100ボルトと200ボルトの電圧にする目的があります。

図のように、中性線は接地されています。この目的は変圧器が故障した場合などに、一次側の高い電圧が低圧側に流れたときの保護用とされています。

また、日本では家庭用として対地電圧150ボルトを超えるものを、引き込んではならないとなっているようです。

単相2線式

単相2線式は図のように、電圧線と中性線の2線で構成されています。

中性線は大地に接続されているので、電位はゼロです。

電圧線と中性線の間の電圧は100Vになっています。

電圧線と中性線の間にコンセントを接続して、電気機器を使うことになります。

コンセントの形状
コンセントの形状は、差込口の長さが違います。

接地側が電圧側より少し長くなっていて、左側が接地側になるように壁面に取り付けられています。

単相3線式

単相3線式は、図のように電圧線と中性線の間はそれぞれ単相100Vの電圧を使うことができます。

両端の電圧線では、単相200Vの電圧を使うことができるようになっています。

単相100Vの回路が2つありますが、バランスよく使うことで中性線に流れる電流を小さくすることができます。

以上で「単相2線式と単相3線式の仕組み」の説明を終わります。

スポンサーリンク