CATEGORY

半導体回路

整流回路の仕組み

交流を直流にする回路を整流回路といいます。 交流を直流に整流する方法として、半波整流回路と全波整流回路があります。 半波 […]

P型半導体とN型半導体

半導体の材料には何が使われるのか、半導体の簡単な原理について書いてあります。P型半導体とN型半導体の特徴は何があるのか、トランジスタの種類について説明します。

シリコン(Si)に不純物を加えると半導体ができる

半導体の材料であるシリコン(Si)に、ごく微量の不純物を加えると半導体が出来る。4価のシリコン(Si)に、5価のリン、ヒ素、アンチモンなどを加えるとN形半導体になる。また、シリコン(Si)に3価のホウ素、インジウムなどを加えるとP形半導体になる。

物質のエネルギー帯の仕組み

物質が持つエネルギーをエネルギー帯を使って説明します。導体がどうして電流を流すことができるのか。また、絶縁体がなぜ電気を通さないのかを、エネルギー帯を使って説明します。

ダイオードの仕組み

ダイオードは順方向電圧には電流を流し、逆方向電圧には電流を流しません。P型半導体とN型半導体を接合した半導体です。ダイオードはその性質から整流作用を持つ電子素子です。

ダイオードのクリッパ回路の動作原理

ダイオードのクリッパ回路とは、ダイオードを使って、入力波形の一部を切り取って、残りの部分を取り出す回路のことをいいます。ある一定の基準電圧以上を取り出す回路をベースクリッパといい、基準電圧以下を取り出す回路をピーククリッパといいます。クリッパ回路の構成としては、直列型と並列型があります。

接合型FETの仕組み

接合型FETの仕組みについて説明します。接合型FETは電界効果トランジスタの仲間です。FETには接合型FETとMOSFETがあります。また、チャネルに使う半導体の種類により、n形とp型に分かれます。この記事では接合型FETの仕組みと構造について説明します。

MOSFETの仕組み

MOSFETの仕組みについて説明します。MOSFETには接合型FETとMOSFETがあります。また、接合型FETと同様にnチャネル型とpチャネル型があります。ここではMOSFETの仕組みと構造について説明します。MOSFETを相補型にした「CMOS」について説明します。