磁気に関するクーロンの法則




スポンサーリンク



磁気に関するクーロンの法則

真空中の場合

\(F=k_m・\cfrac{m_1m_2}{r^2}\) [N]

\(F=\cfrac{1}{4πμ_0}・\cfrac{m_1m_2}{r^2}\) [N]

\(F≒6.33×10^4×\cfrac{m_1m_2}{r^2}\) [N]

\(k_m=\cfrac{1}{4πμ_0}=\cfrac{10^7}{(4π)^2}≒6.33×10^4\) [N・m2/Wb2]

\(μ_0=4π×10^{-7}\) [N/A2]

\(F\):磁気力 
\(μ_0\):真空の透磁率 
\(k_m\):比例定数 
\(m\):点磁極(磁極の強さ)[Wb] 
\(r\):磁極間の距離 [m] 

静電気における、クーロンの法則と同じように、磁気においても静電気の時と同じような力が働きます。

これを磁気に関するクーロンの法則といいます。

磁石で考えてみると分かるように、N 極 と N 極 または、S 極 と S 極 のように同極の場合は反発し、異極同士の場合は引き合います。

以上で「クーロンの法則(磁気)」の説明を終わります。




スポンサーリンク