右ねじの法則で電流と磁界の関係を知る




スポンサーリンク



右ねじの法則で電流と磁界の関係を知る

右ねじの法則は電流と磁気に関する法則で、電磁気学の基本と言われる法則です。

右ねじの法則はフランスの物理学者アンドレ=マリ・アンペールによって発見された法則です。

そのため、右ねじの法則は「アンペールの右ねじの法則」とも言われます。

右ねじの法則は次のようなものです。

「電流の流れる向きを右ねじの進む方向とすると、発生する磁界の向きが右ねじが回転する方向になる。」

右ねじとはどういうものか?

そもそも、右ねじとはどういうものでしょうか?

図で示すと次のような「ねじ」を言います。

ねじをドライバーなどで、右方向(時計方向)に回すと、進む「ねじ」のことです。

右ねじの法則の説明

図のように
右ねじの進行方向=電流の流れる向き

右ねじの回転方向=磁界の向きとなる法則のことです。

導線に電流が流れたときの磁界

右ねじの法則から、図のような導線に下向きの電流が流れた時は、磁界は図のように時計方向になります。

電流の向きが逆になれば
当然、磁界の向きは反対(反時計方向)になります。

右ねじの法則の覚え方

むずかしい法則ではないので、簡単に覚えられると思いますが、次のような覚え方があります。

右手を図のように、握り親指を立てます。

親指の方向を電流の流れる方向とすると、親指以外の握った方向が磁界の方向になります。

コイルと右ねじの法則

図のような、コイルに電流が流れると右向きの磁界が発生します。

上と同様に、右手を図のように、握り親指を立てます。

親指以外の握った方向を電流の方向とすると親指の方向が磁界の方向になります。

以上で「右ねじの法則で電流と磁界の関係を知る」の説明を終わります。




スポンサーリンク