渦電流が発生する原理




スポンサーリンク



渦電流が発生する原理

渦電流がどのように発生するのかを、理解するのはとてもむずかしいことです。

ここでは電磁誘導の法則と右ねじの法則で説明します。

導体に磁石を近づけた時

磁石を近づけた時のA点の磁界の変化を見てみます。

A点の磁界は磁石が近づくので、だんだん磁界の強さは増加していきます。

A点では、電磁誘導の法則により増加する磁界を減らす方向に、点線のような向きの磁界が発生します。

これはレンツの法則です。

このような向きの磁界を作るためには、右ねじの法則によって赤い矢印の方向の電流が流れなければなりません。

上のようなことが、導体全体のあらゆる所で起こります。

従って、図のような渦電流が発生します。

この渦電流による磁界は磁石の向きと反対になり、反発する力になります。

導体は無数の円形コイルの集まりと考えることができますので、図のような渦電流が導体に発生します。

導体に磁石を遠ざけた時

磁石を導体から遠ざけた場合は、図のように磁界の向きや電流の向きは逆方向になります。

元の磁界を妨げる方向の磁界が発生するということが、考え方の基本になります。

関連としてアラゴの円盤があります。

以上で「渦電流が発生する原理」の説明を終わります。




スポンサーリンク