電力と電力量の違い

スポンサーリンク

電力と電力量の違い


消費電力(kW)と消費電力量(kWh)の違いを理解しましょう

消費電力とは、電気製品などや取扱説明書に書いてある消費電力というものです。
たとえば、テレビの取扱説明書に消費電力100W(ワット)などと書いてあった場合、簡単に言うと、「このテレビは見るのに100W(ワット)の電力を使いますよ」ということです。

 

一方、消費電力量とは、○○W(ワット)の電気製品を○○時間使った時の電気の量のことをいいます。

電力とは電気製品を使う時に消費する電気のことで、電力量とはある電気製品を、ある時間使用した時に使った電気の量のことです。

 

電力とは何のことでしょうか

 

電気エネルギーが 1秒間にする仕事のことを電力といいます。

 

単位にワット(W)を使います。では、仕事というのは何でしょう。

 

電気の世界では、電力はW(ワット)で表し、電圧Vと電流Iの積をいいます。
$W=VI$

 

電気製品には「○○W」というように、その製品がどのくらいの電力を消費するのかが記載されています。

 

このWという単位はアンペア(A)×ボルト(V)を掛けた数字となります。

 

通常、家庭の電気製品は電圧が100Vなので、ワット数が分かれば電流アンペアが分かります。

 

電流アンペアの大きさが分かると、ひとつのコンセントにどれとどれをつなぐとどの位の電気を使うかの見当がつきます。

 

それによって、たこ足配線になるのを防ぐことができます。

 

コンセントの容量は15アンペアつまり、1500ワットまでなのでコンセントに電気製品をつなぐときは、注意が必要です。

 

電気を大きく使う、エアコンや電磁調理器(IH調理器)などは専用のコンセントになっています。

 

電力量とは何のことでしょうか

 

電力量というのは「○○W」の電気製品を「○○時間」使った時の電力ということになります。

 

つまり、電力ワット×使った時間(秒)で表します。

 

式で表すと

 

 Ws=電力ワット×使った時間(秒)

 

ただし、家庭で使う電気使用量の単位としては Wsでは小さすぎるので、

 

秒を時間に変えて Wh、ワットを1000倍の大きさにして

 

kWh(キロワットアワー)が使われています。

 

消費電力であるワットは、電気代における電気使用量として計算されます。

 

例えば、1kWh(1キロワットアワー)とは、1キロワット(1kWは1000W)の電力を一時間消費した場合ということです。

 

つまり、1kWhというのは、1000W(1kW)を1時間使用した場合の消費電力の量ということになります。

 

スポンサーリンク