コンデンサに蓄えられるエネルギー

\(W=\cfrac{1}{2}CV^2\quad\rm[J]\) 

コンデンサに蓄えられるエネルギーの公式

静電容量 \(C\quad\rm[F]\) のコンデンサに電圧を加えると、コンデンサにはエネルギーが蓄えられます。

図のように、静電容量 \(C\quad\rm[F]\) のコンデンサに \(V\quad\rm[V]\) の電圧を加えたときに、コンデンサに蓄えられるエネルギー \(W\) は、次のようになります。

\(W=\cfrac{1}{2}CV^2\quad\rm[J]\) 

コンデンサに蓄えられるエネルギー \(W\quad\rm[J]\) は

\(W=\cfrac{1}{2}QV\quad\rm[J]\)

\(Q=CV\) の公式を代入して書き換えると

\(W=\cfrac{1}{2}CV^2=\cfrac{Q^2}{2C}\quad\rm[J]\) になります。

また、電界の強さは、次のようになります。

\(E=\cfrac{V}{d}\quad\rm[V/m]\)

コンデンサに蓄えられるエネルギーの公式のまとめ

 

\(Q=CV\quad\rm[C]\) 

\(W=\cfrac{1}{2}QV\quad\rm[J]\) 

\(W=\cfrac{1}{2}CV^2=\cfrac{Q^2}{2C}\quad\rm[J]\)

\(E=\cfrac{V}{d}\quad\rm[V/m]\)

以上で「コンデンサに蓄えられるエネルギー」の説明を終わります。