RL並列回路の概要

抵抗とコイルを並列に接続したRL並列回路について、電圧、電流、インピーダンスの関係について説明します。

RL並列回路とRC並列回路の考え方は、コイルとコンデンサの違いだけで基本的には同じです。

RL並列回路の概要

RL並列回路とは、抵抗  \(R\) と自己インダクタンス \(L\) のコイルを、並列に接続した回路のことをいいます。

■ RL並列回路の電圧

RL並列回路では、抵抗 \(R\) と コイル \(L\) は並列に接続されているので、RとLにかかる電圧 \(E\) は 同じ大きさの電圧 になります。

■ RL並列回路の電流

• 抵抗に流れる電流 \(\dot{I_R}\) は

\(\dot{I_R}=\cfrac{\dot{E}}{R}\) [A] 

大きさは \(I_R=\cfrac{E}{R}\) [A] 

• コイルに流れる電流 \(\dot{I_L}\) は

\(\dot{I_L}=\cfrac{\dot{E}}{X_L}\) [A] 

(\(X_L=ωL\)) なので

大きさは \(I_L=\cfrac{E}{X_L}=\cfrac{E}{ωL}\) [A] 

• RL並列回路の全電流 \(\dot{I}\) は抵抗とコイルに流れる電流の和になります。

\(\dot{I}=\dot{I_R}+\dot{I_L}\) [V]

\(\dot{I}=\dot{E}\left(\cfrac{1}{R}+\cfrac{1}{X_L}\right)\) [A]
\(\dot{I}=\dot{E}\left(\cfrac{1}{R}+\cfrac{1}{ωL}\right)\) [A]

大きさは  \(I=E\sqrt{\cfrac{1}{R^2}+\cfrac{1}{(ωL)^2}}\) [A]

RL並列回路のベクトル図

■ RL並列回路のベクトルの描き方

RL並列回路のRとLにかかる電圧は同じ大きさなので、電圧を基準としてベクトルを描きます。

• 電圧を基準としてベクトルを描きます。

• 抵抗に流れる電流 \(\dot{I_R}\) を電圧と同相に描きます。

• コイルに流れる電流 \(\dot{I_L}\) を電圧より \(\cfrac{\pi}{2}\) 遅れて描きます。

• \(\dot{I_R}\) と \(\dot{I_L}\) のベクトル和が回路に流れる全電流 \(\dot{I}\) になります。

RLの並列回路では、回路に流れる電流 \(\dot{I}\) は電源電圧に対して遅れ電流になります。

RL並列回路の電圧・電流の大きさ

■ RL並列回路の電圧・電流の大きさ

ベクトル図において \(\dot{I_R}\) \(\dot{I_L}\) \(\dot{I}\) は直角三角形ですから

三平方の定理を用いると回路の全電流 \(I\) の大きさは

\(I=\sqrt{{I_R}^2+{I_L}^2}\)

\(I=\sqrt{\left(\cfrac{E}{R}\right)^2+\left(\cfrac{E}{X_L}\right)^2}\)

\(I=E\sqrt{\cfrac{1}{R^2}+\cfrac{1}{{X_L}^2}}\) [A] 
\(I=E\sqrt{\cfrac{1}{R^2}+\cfrac{1}{(ωL)^2}}\) [A] 

したがって、電源電圧 \(E\) は

\(E=\cfrac{I}{\sqrt{\cfrac{1}{R^2}+\cfrac{1}{{X_L}^2}}}\) [V]
\(E=\cfrac{I}{\sqrt{\cfrac{1}{R^2}+\cfrac{1}{(ωL)^2}}}\) [V] になります。

RL並列回路の合成インピーダンスの大きさ

合成インピーダンスは 電圧と電流の比ですから

電圧の式

\(E=\cfrac{I}{\sqrt{\cfrac{1}{R^2}+\cfrac{1}{{X_L}^2}}}\) [V] から

\(Z=\cfrac{E}{I}=\cfrac{1}{\sqrt{\cfrac{1}{R^2}+\cfrac{1}{{X_L}^2}}}\) [Ω]  

(\(X_L=ωL\)) なので

\(Z=\cfrac{1}{\sqrt{\cfrac{1}{R^2}+\cfrac{1}{(ωL)^2}}}\) [Ω] になります。

■ RL並列回路のインピーダンス角

RL並列回路のベクトル図で、基準とする電圧 \(\dot{E}\) に対する電流 \(\dot{I}\) の位相差 \(θ\) を RL並列回路の インピーダンス角 といいます。

\(\tanθ=\cfrac{-I_L}{I_R}=\cfrac{-\cfrac{E}{X_L}}{\cfrac{E}{R}}=-\cfrac{R}{X_L}\)

\(θ=\tan^{-1}-\cfrac{R}{X_L}\) [rad]

RL並列回路の記号法

交流を複素数で表す方法を 記号法 といいます。

次の回路は記号法によるRL並列回路です。

■ 直交座標表示

\(jX_L=jωL\) 誘導性リアクタンス

抵抗 \(R\) を流れる電流 \(\dot{I_R}\) は、電圧 \(\dot{E}\) と同相なので

\(\dot{I_R}=\cfrac{\dot{E}}{R}\) [A] 

コイル \(L\) を流れる電流 \(\dot{I_L}\) は電圧 \(\dot{E}\) より、\(\cfrac{π}{2}\) [rad] 位相が遅れます。

\(\dot{I_L}=\cfrac{\dot{E}}{jX_L}=-j\cfrac{\dot{E}}{X_L}=-j\cfrac{\dot{E}}{ωL}\) [A] 

■ 虚数単位 \(j\) を付ける場所

  • 虚数単位がややこしくなるのは、どこに付けたらいいかわからない。
  • \(+j、-j\) どっちになるかわからない。ということではないでしょうか

■ 虚数単位 \(j\) は、\(ω\)(オメガ)の前に \(+j\) を付けると覚えましょう。

これを覚えれば、かなりの部分が解決すると思います。

  • \(+j\) は反時計方向に90°移動します。
  • \(-j\) は時計方向に90°移動します。

回路全体の電流 \(\dot{I}\) は、RL並列接続では各電流 \(\dot{I_R}\) と \(\dot{I_L}\) の和になりますから

\(\dot{I}=\dot{I_R}+\dot{I_L}\)\(=\left({\cfrac{1}{R}+\cfrac{1}{{jX_L}}}\right)\dot{E}\) [A] 

\(X_L=ωL\) なので

\(\dot{I}=\left({\cfrac{1}{R}+\cfrac{1}{{jωL}}}\right)\dot{E}\) [A] 

電圧 \(\dot{E}\) は

\(\dot{E}=\cfrac{\dot{I}}{\cfrac{1}{R}+{\cfrac{1}{jX_L}}}\)

\(\dot{E}=\cfrac{\dot{I}}{\cfrac{1}{R}+\cfrac{1}{jωL}}\) [V] になります。

インピーダンス \(\dot{Z}\) は

\(\dot{Z}=\cfrac{1}{\cfrac{1}{R}+\cfrac{1}{jX_L}}\) [Ω] になります。

■ 極座標表示

\(\dot{I_R}=\cfrac{\dot{E}}{R}\angle 0\) [A]  (電圧 \(\dot{E}\) と同相)

\(\dot{I_L}=\cfrac{\dot{E}}{X_L}\angle -\cfrac{π}{2}\) [A]  (電圧 \(\dot{E}\) より \(\cfrac{π}{2}\) 遅れ)

\(\dot{I}\angle -θ(シータ)\) [A]

並列回路の力率について

並列回路の力率はインピーダンスで求めるときに

\(\cosθ=\cfrac{I_R}{I}=\cfrac{Z}{R}\) になりますので注意が必要です。

直列回路のときは

\(\cosθ=\cfrac{R}{Z}\) になります。

RL並列回路の公式

■ RL並列回路の公式

ベクトル
\(X_L=ωL\) [Ω]  

\(\dot{I_R}=\cfrac{\dot{E}}{R}\) [A] 

\(\dot{I_L}=\cfrac{\dot{E}}{ωL}\) [A] 

\(\dot{I}=\dot{I_R}+\dot{I_L}\) [A]

記号法
\(jX_L=jωL\) [Ω]

\(\dot{I_R}=\cfrac{\dot{E}}{R}\) [A] 

\(\dot{I_L}=\cfrac{\dot{E}}{jX_L}=\cfrac{\dot{E}}{jωL}\) [A] 

\(\dot{I}=\dot{E}\left(\cfrac{1}{R}+\cfrac{1}{jX_L}\right)\) [A] 

\(\dot{I}=\dot{E}\left(\cfrac{1}{R}+\cfrac{1}{jωL}\right)\) [A] 

\(\dot{E}=\cfrac{\dot{I}}{\cfrac{1}{R}+\cfrac{1}{jX_L}}\) [V] 

\(\dot{E}=\cfrac{\dot{I}}{\cfrac{1}{R}+\cfrac{1}{jωL}}\) [V] 

\(\dot{Z}=\cfrac{1}{\cfrac{1}{R}+\cfrac{1}{jX_L}}\) [Ω]

\(\dot{Z}=\cfrac{1}{\cfrac{1}{R}+\cfrac{1}{jωL}}\) [Ω] 

大きさ
\(I=E\sqrt{\cfrac{1}{R^2}+\cfrac{1}{(X_L)^2}}\) [A]

\(I=E\sqrt{\cfrac{1}{R^2}+\cfrac{1}{(ωL)^2}}\) [A] 
\(E=\cfrac{I}{\sqrt{\cfrac{1}{R^2}+\cfrac{1}{{X_L}^2}}}\) [V] 

\(E=\cfrac{I}{\sqrt{\cfrac{1}{R^2}+\cfrac{1}{(ωL)^2}}}\) [V]  

\(Z=\cfrac{1}{\sqrt{\cfrac{1}{R^2}+\cfrac{1}{{X_L}^2}}}\) [Ω] 

\(Z=\cfrac{RX_L}{\sqrt{R^2+{X_L}^2}}\) [Ω] 

\(Z=\cfrac{RωL}{\sqrt{R^2+{(ωL)}^2}}\) [Ω] 

 

関連記事

交流回路の電力には、皮相電力・有効電力・無効電力の3つがあります。皮相電力・有効電力・無効電力と力率の関係は、図のように電力の三角形で表すことができます。電力の三角形を覚えていれば、皮相電力・有効電力・無効電力の公式[…]

練習問題

問題1

抵抗 \(R=16\) {Ω}、誘導リアクタンス \(X_L=12\) [Ω] の並列回路の合成インピーダンスを求めよ。

<解 答>

並列回路の合成インピーダンス \(Z\) は

\(Z=\cfrac{RX_L}{\sqrt{R^2+{X_L}^2}}\)

\(Z=\cfrac{16×12}{\sqrt{16^2+12^2}}\)

\(Z=\cfrac{192}{20}=9.6\quad\rm[Ω]\)

問題2

抵抗 \(R=3\) {Ω}、誘導リアクタンス \(X_L=4\) [Ω] の並列回路に、電圧 100 [V] を加えたときに回路に流れる電流 \(I\) を求めよ。

<解 答>

合成インピーダンス \(Z\) は

\(Z=\cfrac{RX_L}{\sqrt{R^2+{X_L}^2}}\)

\(Z=\cfrac{3×4}{\sqrt{3^2+4^2}}\)

\(Z=\cfrac{12}{5}=2.4\quad\rm[Ω]\)

電流 \(I\) は

\(I=\cfrac{E}{Z}\)\(=\cfrac{100}{2.4}\)\(≒41.7\quad\rm[A]\)

問題3

次の回路の力率を求めよ。

<解 答>

力率は、次の式で求められるので、抵抗に流れる電流 \(I_R\) が分かれば力率を求められます。

\(\cosθ=\cfrac{I_R}{I}\)

コイルに流れる電流 \(I_L=\cfrac{120}{12}=10\quad\rm[A]\) になります。

回路に流れる電流は、12.5 Aと分かっているので、抵抗に流れる電流は「三平方の定理」から次のように、求められます。

\(12.5^2=10^2+{I_R}^2\)

\({I_R}^2=7.5^2\)

\(I_R=7.5\)

力率は \(\cosθ=\cfrac{I_R}{I}\) の式から

\(\cosθ=\cfrac{7.5}{12.5}=0.6\)

従って、力率は 60% になります。

関連記事

抵抗とコイルとコンデンサを並列に接続したRLC並列回路について、電圧、電流、インピーダンスの関係について説明します。RLC並列回路はコイルとコンデンサが、反対の性質を持つので回路の解析が複雑になります。RLC並列回路[…]

以上で「RL並列回路の概要」の説明を終わります。