インピーダンス、アドミタンス、リアクタンスの関係

交流回路になると、インピーダンスがでてきます。

インピーダンス と似たものに  レジスタンス、リアクタンス  など 「なになにダンス」 というものがたくさんあります。

ここでは、インピーダンス、アドミタンス、リアクタンスの関係と、それぞれの記号と単位について説明します。

計算方法については、ここでは説明しませんので、関連記事を参考にしてください。

インピーダンスとは何?

インピーダンスは、交流回路で電流の流れをジャマする(抵抗のような)ものです。

インピーダンスとレジスタンス、リアクタンスの関係は、図のようになります。

■ インピーダンスは実数部と虚数部がある。

  • インピーダンス \(Z=R+jX\quad\rm[Ω]\) で表します。
  • 記号は \(Z\) を用い、単位に \(Ω\)(オーム)を使います。

インピーダンスの実数部

実数部は抵抗の成分でレジスタンス \(R\) になります。

記号は \(R\) を用い、単位に \(Ω\)(オーム)を使います。

インピーダンスの虚数部

虚数部はリアクタンス \(X\) の成分で 誘導性リアクタンスと容量性リアクタンスがあります。

リアクタンスの記号は \(X\) を用い、単位に \(Ω\)(オーム)を使います。

誘導性リアクタンスの記号は \(X_L\)  を用い、単位に \(Ω\)(オーム)を使います。

容量性リアクタンスの記号は \(X_C\) を用い、単位に \(Ω\)(オーム)を使います。

関連記事

インピーダンスとは何か ということを、一言でいえば 交流回路の電圧と電流の比 ということになります。 ちなみに、直流回路の 電圧と電流の比 は、抵抗 ということになります。 ここでは、交流回路における インピーダンス について説[…]

関連記事

交流回路の リアクタンス とは、コイル(インダクタンス)や コンデンサ(キャパシタンス)における 電圧と電流の比 をいいます。 抵抗が直流回路における 電圧と電流の比 で表したのと似ています。 リアクタンスの単位は、抵抗と同じよ[…]

アドミタンスとは何?

アドミタンスとコンダクタンス、サセプタンスの関係は、図のようになります。

■ アドミタンスはインピーダンスの逆数のこと

  • アドミタンス \(Y=G+jB\quad\rm[S]\) で表します。
  • 記号は \(Y\) を用い、単位に \(S\)(ジーメンス)を使います。

アドミタンスの実数部

実数部は抵抗の 逆数 でコンダクタンス \(G\) になります。

記号は \(G\) を用い、単位に \(S\)(ジーメンス)を使います。

アドミタンスの虚数部

虚数部はリアクタンスの 逆数 で サセプタンス \(B\) になります。

記号は \(B\) を用い、単位に \(S\)(ジーメンス)を使います。

関連記事

抵抗 は電気回路において、電流の流れを妨げる という性質を持ちます。 抵抗器は 直流回路でも交流回路でも、純粋な抵抗として働きますので 純抵抗(レジスタンス) といいますが、一般的に純抵抗のことを「抵抗」と呼びます。 コイルやコ[…]

関連記事

インピーダンスとアドミタンス 交流回路で電流の流れを ジャマ する働きをするものを インピーダンス といいます。 インピーダンスは 交流回路の電圧と電流の比 で表し、記号に \(Z\) 単位はオーム \([Ω]\) を使います。[…]

インダクタンスとは何?

インダクタンスとは、コイルに関する電気的な用語です。

コイルに発生する起電力の量を表すもの。

記号は \(L\) を用い、単位に \(H\)(ヘンリー)を使います。

インダクタは コイルの別の呼び方です。

キャパシタンスとは何?

キャパシタンスとは、コンデンサに関する電気的な用語です。

コンデンサに蓄えられる電気の量を表すもの。静電容量のことをいいます。

記号は \(C\) を用い、単位に \(F\)(ファラド)を使います。

キャパシタは コンデンサの別の呼び方です。

インピーダンス、アドミタンスのまとめ

■ インピーダンス、アドミタンスについての一覧表です

以上で「インピーダンス、アドミタンス、リアクタンスの関係」の説明を終わります。