静電誘導とは

静電誘導作用とは

導体が電気を帯びることを 帯電 するといいます。

■ プラスの帯電体を近づける
1.図のように 帯電していない導体があります。

2.プラスの帯電体を、帯電していない導体に近づけます。
帯電体のプラスと導体のマイナスが吸引力で、電子が上にへ移動します。

3.導体の上側がマイナスに、下側がプラスに帯電します。

■ マイナスの電荷を近づける
1.図のように 帯電していない導体があります。

2.マイナスの帯電体を、帯電していない導体に近づけます。
帯電体のマイナスと導体のマイナスが反発して、電子が下へ移動します。

3.導体の上側がプラスに、下側がマイナスに帯電します。

上記のように帯電体を近づけると、静電気が誘導される現象を 静電誘導 といいます。

以上で「静電誘導とは」の説明を終わります。