電気とは何か?




スポンサーリンク



電気とは何か?

すべての物質は電気をもっています。

物質が何からできているかというと、小さい原子が集まって作られています。

原子の構造は、正の電気を持つ原子核負の電気を持つ電子で構成されています。

原子核の中には、正の電気を持つ陽子と電気を持たない中性子があります。

通常の状態では、陽子の正の電気量と電子の負の電気量が等しくなるため、物質は電気を持ちません

原子核の周りを電子が回っていますが、この電子の回る軌道のことを殻(カク)と呼びます。

核の呼び方は、原子核に近い方からK核、L核、M核・・・と続きます。

原子の構造については「原子と電子と電流」を参考にしてください。

自由電子とは

原子核の周りを回る電子は、原子核の正の電気と引き合っています。

この引き合う力は、原子核に近い電子ほど強く引かれています。

逆に言うと原子核から遠い電子は引き合う力が弱いので、場合によっては外からの刺激があると飛び出してしまします。

このように、外からの刺激によって飛び出してしまう電子のことを「自由電子」といいます。

自由電子が飛び出した原子は、陽子の数が電子の数より多くなりますので、正の電気を持つことになります。

電子が移動すると電気が流れる

自由電子が移動すると、物質の中で電子が次々に移動することになります。

このように電子が移動することで、電気が流れることになるのです。

この電気の流れのことを「電流」といいます。

電流の流れは電子の流れの向きと逆になります。

電流は正から負の向きへ流れ、電子は負から正へと流れます。

電流と電子はなぜ向きが逆なのか?」を参考にしてください。

以上で「電気とは何か?」の説明を終わります。




スポンサーリンク