電圧と電流の違いは何?

初めて耳にする人には 電圧 や 電流 といっても、何しろ目に見えないものなので、ピンとこないかもしれません。

電圧と電流の違いについてわかりやすいように、水鉄砲にたとえて説明してみます。

電圧と電流の違いは何?

電圧と電流の違いを理解するには、筒型の水鉄砲を考えると良いでしょう。

筒型の水鉄砲は筒(つつ)が大きくて、水が出る穴は小さくなっています。

■ 電気に当てはめて見ましょう。
電圧 \(\cdots\)ピストンを押す力
電流 \(\cdots\)飛び出す水の量

  1. ピストンを押すと水が押されて、筒の先の小さい穴から水が飛び出します。
  2. ピストンを押す力が強ければ、水の勢いも強くなり、水の出る量も多くなります。
  3. ピストンを押す力が弱ければ、水の勢いは弱くなり、水の出る量は少なくなります。

このように考えると、電気に詳しくない人にも理解できるのではないでしょうか。

■ 乾電池の例で見てみましょう。
乾電池は懐中電灯やリモコンなどでよく使いますので、馴染みがあると思います。
乾電池には図2のように、必ず電圧の表示があります。(乾電池の場合は1.5ボルト)

★ 乾電池にはプラスとマイナスがあります。
デッパリがある方が電池のプラス側 です。
平らな方が マイナス になります。

電圧

電圧は記号に \(V\) を用い、単位に [V] (ボルト)を使います。

電圧は電気を押し出す圧力ですから 電圧が高いとか電圧が低い といいます。

電池のように電気(電圧)を作り出す能力を 起電力 と呼びます。

重要 
電池の電圧は電池自体が起電力を持っているので、回路につながっていなくても電圧があります。

電圧の単位に ボルト が用いられるのは、ボルタの電池で知られるイタリアの物理学者アレッサンドロ・ボルタ(1745年~1827年)の名前からつけられています。

電流

電流 は記号に \(I\) を用い、単位に [A] (アンペア)を使います。
電流は電気の流れる量のことですからで 電流が多いとか少ない といいます。

図3のように電池に豆電球などをつなぐと、豆電球に電池のプラスからマイナスに向かって電気が流れます。
このとき、回路に流れている 電気のことを電流 といいます。

重要
電流は回路がつながっていないときは、電流が流れません。

電流の単位に アンペア が用いられるのは、アンペールの法則で知られるフランスの物理学者アンドレ=マリ・アンペール(1775年~1836年)の名前にちなんでいます。

電圧は電流(電気)を流すための圧力であり、電流は回路を流れる電気の量をいいます。

以上で「電圧と電流の違いは何?」の説明を終わります。