乾電池の直列つなぎと並列つなぎ

懐中電灯やLEDライトに乾電池を入れるときには、乾電池を入れる向きがあります。

あまりにも当たり前のことなので、説明する必要はないかもしれませんね。

乾電池のつなぎ方は、直列つなぎと並列つなぎ がありますので特徴を説明します。

乾電池のつなぎ方その1(直列つなぎ)

1.5V(ボルト)の乾電池1つに、豆電球をつなぐと豆電球に電流が流れて豆電球が光ります。

乾電池に書いてある 1.5V(ボルト)というのが 電圧 にあたります。

そして、豆電球が点灯したときに電線の中を流れているものが 電流 にあたります。

乾電池の直列つなぎは電圧が高くなる

電圧というのは電気を流そうとする能力なので、1つより2つの方が電気を流す圧力(能力)が強くなります。

先ほどの豆電球をつないだ回路に、2個の乾電池を直列つなぎ(2つの電池をプラス・マイナス・プラス・マイナスの順)につなぐと、乾電池の電圧が3V(ボルト)になります。

このように接続することを、直列つなぎ(直列接続と言ってもかまいません)といいます。

明るさが1つのときより明るく光リます。

  • 乾電池の直列つなぎは、2個の乾電池が1つになったと考えることができます。
  • 乾電池の直列つなぎは、乾電池の電圧が2倍になります。
  • 当然ですが3個直列にすれば、電圧が3倍になります
  • 電池の持つ容量としては、変わりません。

なぜ、明るく光るかというと、電圧が2倍になったので豆電球に流れる電流が2倍になったからです。

電流が多く流れると電気がする仕事が、増えるので明るさが増すことになります。

電池のつなぎ方その2(並列つなぎ)

乾電池を並列つなぎ(2つの乾電池の「プラスとプラス」・「マイナスとマイナス」)にすると、乾電池が1つのときより長持ちします。

このように接続することを、並列つなぎ(並列接続と言ってもかまいません)いいます。

このつなぎ方は電圧の大きさは1.5V(ボルト)で変わりませんが、乾電池の容量が2倍に長持ちするつなぎ方です。

  • 乾電池の並列つなぎは、2個の乾電池が1つになったと考えることができます。
  • 乾電池の並列つなぎは、乾電池の容量が2倍になります。
  • ただし、2つの乾電池の容量が同じものであることが前提です。
  • 電池の電圧は1.5V(ボルト)で、変わりません。
並列つなぎの注意点
乾電池の容量が違うものを使うと、2つの乾電池の間で電気が流れてしまうので注意が必要です。
関連記事

懐中電灯とは主に乾電池などを使用して、豆電球やLEDを付けるようにした携帯用のライトのことです。 懐中電灯をアメリカ英語では「フラッシュライト」といいます。 イギリスでは懐中電灯のことを「トーチ」というそうです。 最近の懐[…]

乾電池の紹介

パナソニック EVOLTA NEO 単3形アルカリ乾電池 12本パック 日本製

安心の日本製で長寿命、、長期保管可能(10年メーカーサイトより)

maxell アルカリ乾電池 「長持ちトリプルパワー&液漏れ防止設計」

懐中電灯や携帯ラジオなど、電池を入れたままにしておくものには「液漏れ防止設計」の電池が適切です。

 

以上で「乾電池の直列つなぎと並列つなぎ」の説明を終わります。