交流回路の約束事

交流回路の計算をする時は、いくつかの決まりがあります。

その決まりに従って計算する方が、全体の計算が簡単になる場合があります。

■ 求めるものが電圧の時

\(V=ZI\) なので、合成インピーダンスを求める。

■ 求めるものが電流の時

\(I=YI\) なので、合成アドミタンスを求める。

■ インピーダンスが並列接続になっている時

合成アドミタンスを求めるほうが、計算がやりやすくなる場合が多い。

目次

インピーダンスとアドミタンスの関係

インピーダンス と アドミタンス の関係は、次のようになります。

\(Z=\cfrac{1}{Y}\) [Ω] 

\(Y=\cfrac{1}{Z}\) [S] 

表のようにインピーダンスとアドミタンスは、逆数の関係にあります。

交流回路の特徴

直列負荷回路では、インピーダンスの足し算で計算できるので、合成インピーダンスを求める方がやりやすくなります。

\(V=ZI=(Z_1+Z_2+Z_3)I\) [V] で合成インピーダンスから求める方が簡単になることがあります。

並列負荷回路では、アドミタンスにして計算すると足し算にすることができます。

電流を求める場合は合成アドミタンスで求める方が、計算をやり易くなることがあります。

\(I=YV=(Y_1+Y_2+Y_3)V\) [A] 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる