三相交流のΔ-Δ結線

スポンサーリンク



三相交流のΔ-Δ結線

三相交流回路のΔ結線は「三角結線」または「デルタ結線」などと呼ばれます。

デルタ結線の相電圧と線間電圧の関係や相電流と線電流の関係など、また、デルタ結線の表わし方などについて説明をします。

Δ結線のまとめ

Δ結線の線電流

$$\dot{I_a}=\dot{I_{ab}}-\dot{I_{ca}}A]$$

$$\dot{I_b}=\dot{I_{bc}}-\dot{I_{ab}}[A] \tag{4-1-4-1}$$

$$\dot{I_c}=\dot{I_{ca}}-\dot{I_{bc}}[A]$$

Δ結線の線電流と相電流の関係

線電流$=\sqrt{3}$×相電流 [A]$\tag{4-1-4-2}$

線電流は相電流より、位相が$\cfrac{π}{6}$遅れる。$\tag{4-1-4-3}$

相電流は線電流より、位相が$\cfrac{π}{6}$進む。$\tag{4-1-4-4}$

Δ結線の線間電圧と相電圧の関係

線間電圧と相電圧は等しい。$\tag{4-1-4-5}$

Δ結線の電圧と電流の呼び方

三相交流電源と負荷の接続を、図のように接続したものが、デルタ(Δ)結線、または三角結線です。

端子a-b、b-c、c-aを「相」といい、各相の起電力 $E_a、E_b、E_c$ を「相電圧」といいます。

また、デルタ結線では各相の相電圧 $\dot{E_a}、\dot{E_a}、\dot{E_a}$ は、それぞれの線間電圧 $\dot{V_{ab}}、\dot{V_{bc}}、\dot{V_{ca}}$ と等しくなります。

図の中の矢印の向きは、電位の高さを表わしていて、矢印の先の方が電位が高くなります。

各相の位相差
各相の起電力は、互いに $\cfrac{2π}{3}[rad]$ の位相差があります。

Δ結線の相電流と線電流の関係

図のように、負荷のインピーダンス $\dot{Z}$ を三角形に接続したものを、デルタ結線といいます。

デルタ結線では、負荷も相電圧と線間電圧は大きさが等しくなります。

次に各接合点、a,b,c点 の線電流と相電流の関係を調べます

線電流を求めるには、キルヒホッフの第1法則を使います。

線電流 $\dot{I_a}、\dot{I_b}、\dot{I_c}$ は

電源から負荷に向かう方向を正として考えます。

$a点\cdots\dot{I_a}+\dot{I_{ca}}=\dot{I_{ab}}$

$\qquad\dot{I_a}=\dot{I_{ab}}-\dot{I_{ca}}$

$b点\cdots\dot{I_b}+\dot{I_{ab}}=\dot{I_{bc}}$

$\qquad\dot{I_b}=\dot{I_{bc}}-\dot{I_{ab}}$

$c点\cdots\dot{I_c}+\dot{I_{bc}}=\dot{I_{ca}}$

$\qquad\dot{I_c}=\dot{I_{ca}}-\dot{I_{bc}}$

となります。

Δ結線のベクトル図から線電流を求める

1. 三角形ABOは、辺AOと辺ABが相電流 $\dot{I_{ab}}$と$-\dot{I_{ca}}$ なので、

大きさが等しく、二等辺三角形になります。

2. P点は底辺BOを二等分します。 \(PO=\cfrac{1}{2}I_a\) になります。 

3. 直角三角形APOで、∠AOPは \(\cfrac{π}{6}[rad]\) になります。

したがって、線電流は次のようになります。

$\cos\cfrac{π}{6}=\cfrac{PO}{AO}=\cfrac{\cfrac{1}{2}I_a}{I_{ab}}$$ $$I_a=2I_{ab}cos\cfrac{π}{6}$$ $$I_a=2×I_{ab}×\cfrac{\sqrt{3}}{2}$$ $$I_a=\sqrt{3}I_{ab} [A]$$

ただし、\(cos\cfrac{π}{6}=\cfrac{\sqrt3}{2}\) は三角関数の知識を参照

対称三相交流であれば、各相電流は等しいので、$I_{ab}=I_{bc}=I_{ca}$なので

$$I_a=\sqrt{3}{I_{ab}} [A]$$ $$I_b=\sqrt{3}{I_{bc}} [A]$$ $$I_c=\sqrt{3}{I_{ca}} [A]$$

Δ結線の線電流
線電流$=\sqrt{3}$×相電流[A] になります。

Δ結線の相電流と線電流のベクトル図

Δ結線の線電流は相電流より$\cfrac{π}{6} [rad]$ 遅れる

線電流 $\dot{I_a}$ は $\dot{I_a}+\dot{I_{ca}}=\dot{I_{ab}}$ ですから、

図のように、ベクトル $\dot{I_{ca}}$ と同じ大きさで方向が反対のベクトル $\dot{-I_{ca}}$ を描いて、

ベクトル合成をすれば求めることができます。

$\dot{I_{ab}}$ と $\dot{-I_{ca}}$ の位相差は $\cfrac{π}{3}[rad]$ ですから、線電流 $\dot{I_a}$ は相電流 $\dot{I_{ab}}$ より、その半分の $\cfrac{π}{6}[rad]$ 遅れになります。

Δ結線の線電流と相電流のベクトル図

デルタ結線の線電流は

$\dot{I_a}=\dot{I_{ab}}-\dot{I_{ca}}$

$\dot{I_b}=\dot{I_{bc}}-\dot{I_{ab}}$

$\dot{I_c}=\dot{I_{ca}}-\dot{I_{bc}}$ 

ですから、$\dot{I_{ab}}$ を基準にしたベクトル図が次の図になります。

線電流 $\dot{I_a}、\dot{I_b}、\dot{I_c}$ は大きさが同じで互いに $\cfrac{2π}{3}$ の位相差がある対称三相交流です。

また、線電流 \(\dot{I_a}、\dot{I_b}、\dot{I_c}\) が相電流より、それぞれ \(\cfrac{π}{6}\) 遅れています。

Δ結線の線電流を記号法で求める

線電流
$\dot{I_a}=\dot{I_{ab}}-\dot{I_{ca}}$

$\quad=I-I(-\cfrac{1}{2}+j\cfrac{\sqrt{3}}{2})$

$\dot{I_a}=I(\cfrac{3}{2}-j\cfrac{\sqrt{3}}{2}) [A]$

$\dot{I_b}=\dot{I_{bc}}-\dot{I_{ab}}$

$\quad=I(-\cfrac{1}{2}-j\cfrac{\sqrt{3}}{2})-I$

$\dot{I_b}=I(-\cfrac{3}{2}-j\cfrac{\sqrt{3}}{2}) [A]$

$\dot{I_c}=\dot{I_{ca}}-\dot{I_{bc}}$

$\quad=I(-\cfrac{1}{2}+j\cfrac{\sqrt{3}}{2})-I(-\cfrac{1}{2}-j\cfrac{\sqrt{3}}{2})$

$\dot{I_c}=j\sqrt{3}I [A]$

記号法によりΔ結線の閉回路の起電力の和は0(ゼロ)を求める

三相交流のY-Y結線の所で、大きさが等しい対称三相起電力の和が0(ゼロ)になることを

三角関数で説明しましたので、ここでは、記号法により0(ゼロ)になることを説明します。

$\dot{E_a}=E [V]$

$\dot{E_b}=E\left(-\cfrac{1}{2}-j\cfrac{\sqrt{3}}{2}\right) [V]$

$\dot{E_c}=E\left(-\cfrac{1}{2}+j\cfrac{\sqrt{3}}{2}\right) [V]$

従って

$\dot{E_a}+\dot{E_b}+\dot{E_c}$

$\quad=E+E(-\cfrac{1}{2}-\cfrac{\sqrt{3}}{2})$

$\qquad+E(-\cfrac{1}{2}+j\cfrac{\sqrt{3}}{2})=0$

となります。

このため、電源の対称三相起電力を直列にしたデルタ結線の閉回路には、循環電流は流れません。

Δ結線の相電流の直交座標表示

デルタ結線の相電流は互いに $\cfrac{2π}{3}{rad}$ の位相差があり、電流の大きさ \(I\) は等しいので、相電流 \(\dot{I_{ab}}\) を基準にすると次のようになります。

$$I_{ab}=I [A]$$ $$I_{bc}=I\left(-\cfrac{1}{2}-j\cfrac{\sqrt{3}}{2}\right) [A]$$ $$I_{ca}=I\left(-\cfrac{1}{2}+j\cfrac{\sqrt{3}}{2}\right) [A]$$

以上で「三相交流のΔ-Δ結線」の説明を終わります。

スポンサーリンク