電圧・電流・電圧降下と矢印表現

電気回路には電圧や電流、電圧降下の方向を示すのに矢印表現が用いられます。

起電力(電圧)や電圧降下には、矢印表現がされていない場合もあります。

矢印表現がなくても、わかるようにしておきましょう。

直流電源では、電池記号でプラスとマイナスが決められています。

起電力や電圧の場合

起電力や電圧の場合は図のように、矢印の 始点から終点 に向かって電位が高くなることを表現しています。

つまり、矢印の始点の電位は低く、矢印の終点の電位が高いことを示します。

電流の場合

電流の場合は図のように、矢印の 始点から終点 に向かって、電流が流れることを表現しています。

電流は電位の高い方(始点)から、電位の低い方(終点)に流れます。

つまり、電流は矢印の方向のとおりに流れています。

■ 電圧と電流の矢印表現は、逆になっていることがわかります。

電位が高い方をプラス(+)、電位の低い方をマイナス(ー)とすると、次のような関係になります。

電圧:(ー)⇒(+) 電位が低い方から、電位が高い方の向き

電流:(+)→(ー) 電位が高い方から、電位が低い方の向き

電圧降下の場合

抵抗などに電流が流れると電圧降下が発生します。

電圧降下の場合は、電流が流れ込む方向の電位が高くなり、電流が流れ出る方向の電位は低くなります。

練習問題

 

問題1

回路の電圧、電流、抵抗が、次の図のような回路があります。

問A P点を基準(電位をゼロ)とした場合の、各場所の電位を求めなさい。

<解 答>

問B Q点を基準(電位をゼロ)とした場合の、各場所の電位を求めなさい。

<解 答>

関連記事

電気回路の計算をするときに、 起電力や電圧降下の正負 を考える必要があります。 電源の起電力が電圧降下の合計と等しくなることで、電気回路は成り立っています。 起電力や電圧降下の正負を正しく理解することは、オームの法則やキ[…]

以上で「電圧・電流・電圧降下と矢印表現」の説明を終わります。