コンデンサの分圧式の求め方

コンデンサの直列接続の分圧式の求め方は、抵抗の並列接続の分流式と似ています。

コンデンサの直列接続では、蓄えられる電荷の値が同じということを、利用して分圧式を求めます。

コンデンサの直列接続の分圧式の求め方

コンデンサの直列接続のときの分圧式は、抵抗の並列接続の分流式と似ています。

\(V_1=\cfrac{C_2}{C_1+C_2}E\quad\rm[V]\)

\(V_2=\cfrac{C_1}{C_1+C_2}E\quad\rm[V]\)

コンデンサの分圧式の求め方

図において、次の式が成立します。

\(Q=C_1V_1\quad\rm[C]\cdots(1)\)

\(Q=C_2V_2\quad\rm[C]\cdots(2)\)

\(Q=C_0E\)\(=\cfrac{C_1C_2}{C_1+C_2}E\quad\rm[C]\cdots(3)\)

式(1)と(3)は等しいので

\(C_1V_1==\cfrac{C_1C_2}{C_1+C_2}E\)

\(V_1==\cfrac{C_2}{C_1+C_2}E\quad\rm[V]\)

式(2)と(3)は等しいので

\(C_2V_2==\cfrac{C_1C_2}{C_1+C_2}E\)

\(V_2==\cfrac{C_1}{C_1+C_2}E\quad\rm[V]\)

として分圧式を求めることができます。

\(V_1==\cfrac{C_2}{C_1+C_2}E\quad\rm[V]\)

\(V_2==\cfrac{C_1}{C_1+C_2}E\quad\rm[V]\)

関連記事

2つ以上のコンデンサの合成静電容量の計算方法について説明します。 コンデンサが直列接続の場合と並列接続の場合によって、計算方法が違います。 ■ 直列接続の合成静電容量 \(\cfrac{1}{C}\)\(=\cfrac[…]

以上で「コンデンサの分圧式の求め方」の説明を終わります。