コンデンサの分圧式の求め方




コンデンサの直列接続の分担電圧の求め方

コンデンサの直列接続のときの分圧式は、抵抗の並列接続の分流式と似ています。

\(V_1=\cfrac{C_2}{C_1+C_2}E\hspace{8px}\rm [V]\)

\(V_2=\cfrac{C_1}{C_1+C_2}E\hspace{8px}\rm [V]\)

分圧式の求め方

図において、次の式が成立します。

\(Q=C_1V_1\hspace{8px}\rm [C]\cdots(1)\)

\(Q=C_2V_2\hspace{8px}\rm [C]\cdots(2)\)

\(Q=C_0E\)\(=\cfrac{C_1C_2}{C_1+C_2}E\hspace{8px}\rm [C]\cdots(3)\)

式(1)=(3) から
\(C_1V_1==\cfrac{C_1C_2}{C_1+C_2}E\)

\(V_1==\cfrac{C_2}{C_1+C_2}E\hspace{8px}\rm [V]\)

式(2)=(3) から
\(C_2V_2==\cfrac{C_1C_2}{C_1+C_2}E\)

\(V_2==\cfrac{C_1}{C_1+C_2}E\hspace{8px}\rm [V]\)

として分圧式を求めることができます。

以上で「コンデンサの分圧式の求め方」の説明を終わります。