コイルに蓄えられるエネルギー




自己インダクタンス \(L\quad[\rm H]\) のコイルに電流 \(I\quad[\rm A]\) を流すと、コイルは一時的に電流をエネルギーとして蓄えることができます。
コイルに蓄えられるエネルギーの求め方を、説明します。

コイルに蓄えられるエネルギーの公式

図のように、自己インダクタンス \(L\quad[\rm H]\) のコイルに電流 \(I\quad[\rm A]\) が流れたときに、コイルに蓄えられるエネルギーの公式は、次のようになります。

\(W=\cfrac{1}{2}LI^2\quad[\rm J]\) 

\(W [\rm J]\)\(\cdots\)コイルに蓄えられる電磁エネルギー 
\(L [\rm H]\)\(\cdots\)コイルの自己インダクタンス 
\(I [\rm A]\)\(\cdots\)コイルに流れる電流 

公式の求め方

\(W=\cfrac{1}{2}LI^2\quad[\rm J]\) の求め方。

電荷 \(Q\quad[\rm C]\) の持つ位置エネルギー\(U\quad[\rm J]\) は
\(U=QV\quad[\rm J]\cdots(1)\) になります。

ファラデーの法則から \(e=-L\cfrac{Δi}{Δt}\quad[\rm V]\)
自己インダクタンス \(L\quad[\rm H]\) に発生する起電力の大きさ \(V\) は
\(V=L\cfrac{I}{t}\quad[\rm V]\cdots(2)\)

電流の定義は、単位時間あたりの電荷量になります。
\(I=\cfrac{Q}{t}\quad[\rm A]\)

\(t\) 秒間に \(I\quad[\rm A]\) まで一定の大きさで増加すると、電荷量 \(Q\quad[\rm C]\) は図の三角形の面積になります。
\(Q=\cfrac{1}{2}It\quad[\rm C]\cdots(3)\) になります。

式(1)に式(2)と式(3)を代入します。
\(U=QV=\cfrac{1}{2}It×L\cfrac{I}{t}=\cfrac{1}{2}LI^2\quad[\rm J]\)

コイルに蓄えられるエネルギーを \(W\) とすると
\(\large W=\cfrac{1}{2}LI^2\quad[\rm J]\) となります。

以上で「コイルに蓄えられるエネルギー」の説明を終わります。







スポンサーリンク