4路スイッチの仕組み

片切スイッチ、3路スイッチ、4路スイッチは次のような構造をしています。

4路スイッチの仕組み

1階と2階のように 2箇所 で照明の「ONとOFF」を切り替えるには、3路スイッチを使います。

4路スイッチは、3ヶ所以上 でスイッチの「ONとOFF」をするときに使います。

3路スイッチの配線

3路スイッチの配線は、次の図のようになります。

図の上のように照明が「OFF」のとき、1階あるいは2階のスイッチを切り替えると、図の下のようにスイッチが「ON」になり照明が点灯します。

4路スイッチの配線

4路スイッチは、次の図のように3路スイッチの間に入れることで、何個でも追加 することができます。

途中の照明も図のようにすれば、増やすことができます。

次の図のように、2階の4路スイッチを切り替えると、照明が「OFF」になります。

関連記事

階段の途中にある照明を、階段の上と下のどちらのスイッチでも入れたり、消したりできる回路のスイッチを 3路スイッチ といいます。 夜などに階段の下の3路スイッチで照明を付けて、上に上がったら上にある3路スイッチで照明を消すことができます[…]

以上で「4路スイッチの仕組み」の説明を終わります。