電気の歴史年表

スポンサーリンク



電気の歴史年表

国名:(米)アメリカ (英)イギリス (伊)イタリア (日)日本 (仏)フランス (独)ドイツ (デ)デンマーク (露)ロシア (加)カナダ

年代 名前 電気技術の内容
BC600年頃 タレス 摩擦電気を観察
BC400年頃 中 国 方位磁石「指南」が考案された
1500 ハルトマン
ノーマン
磁針の伏角(ふっかく)を発見
磁針の伏角(ふっかく)を発見
1600 ギルバート(英) 磁気と静電気を区別、「磁石について」を著す
1642 パスカル(仏) 加算器を発明
1660 ゲーリッケ(独) 摩擦起電機を制作して静電気の性質を研究
1671 ライプニッツ(独) 四則演算のできる計算機を発明
1749~52 フランクリン(米) 凧をあげ雷を研究、静電気に正負二種あることを発見、避雷針を発明
1772 キャベンディッシュ(英) 帯電体の吸引力と反発力を研究
1776 平賀源内(日) エレキテルを制作し、医療に利用を試みる
1785 クーロン(仏) 電荷間、磁極間の引力と斥力(せきりょく)を発表
1789 ガルバーニ(伊) 蛙の足のけいれんを発見、動物電気とした
1791 シャッペ(仏) 腕木式通信装置を発明
1800 ボルタ(伊) ボルタの電推(でんたい)、電気盆、電池を発明
1810~16 デービー(英) 電気分解、塩素を発見、安全灯発明、ファラデー を指導
1820 エルステッド(デ) 電流の磁気作用を発見
1820 アンペール(仏) アンペアの法則を発見、二本の導線に働く力について発表
1822 ゼーベック(独) 熱電気現象、ゼーベック効果を発見
1827 オーム(独) オームの法則を発見、音響学の研究にも功績あり
1830 ヘンリー(米) 自己誘導を発見、強力な電磁石を制作
1831~45 ファラデー(英) 電磁誘導を発見、電気分解に関する法則を発見、自己誘導を発見、真空放電を観察、反磁性を発見
1834 レンツ(露) レンツの法則を発見、後にノイマンが数式的に表現
1837 モールス(米) モールス符号を考案し、電信実験に成功
1841 ジュール(英) 電流の発熱作用を表すジュールの法則を発見
1841~45 ホイートストン(英) 印刷電信機を発明、ホイートストンブリッジを考案、単信電信機を発明
1849 キルヒホッフ(独) キルヒホッフの第一法則、第二法則を発表
1851 ブレット兄弟(英) 英仏海峡に海底ケーブル敷設
1856 ジーメンス(独) 複T形電機子を発明、複T形発電機制作
1860 ライス(独) 実験用電話装置発明、ドイツでは電話の発明者
1860 ブランテ(仏) 二次電池を発明、エジソンが改良
1867 ジーメンス(独) 自励式発電機を発明
1868 ルクランシェ(仏) マンガン電池(ルクランシェ電池)を発明
1873 マクスウェル(英) 「電気及び磁気に関する論文」を発表
1874 クルックス(英) 陰極線が荷電粒子であることを発見
1876 ヤブロチコフ(露) 電気ろうそくを発明
1876 ベル(英) 実用的な電話を発明
1876 グレイ(米) 実用的な電話を発明
1878 スワン(英) 炭素フィラメント電球を制作
1879 ホール(米) 電流と磁界の垂直方向に起電力発生を発見
1879 エジソン(米) >炭素フィラメント電球を制作
1882 ドプレ(仏) ミュンヘン電気技術博覧会で長距離送電実験を公開。この頃から「交直論争」が欧米で白熱する
1883 ニプコウ(独) 回転円板(ニプコウ円盤)による走査方法を発明
1888 ヘルツ(独) 電磁波伝送実験による電磁波の性質を究明
1891 ドブロヴォリスキー(独) フランクフルト国際電気技術博覧会で三相交流送電を公開実験
1891 ストロジャー(米) 電話自動交換機を発明
1892~1905 スタインメッツ(米) ヒステリシス損の計算式を発表、交流回路に複素数導入を発表、交流理論を体系化、高圧送電の研究を開始
1893 ニコラ・テスラ(オーストリア帝国) 無線トランスミッター発明、交流送電など
1895 ポポフ(露) マルコーニとは別に無線電信の実験に成功
1897 ブラウン(独) 陰極線管に偏向電極を入れて走査させる電子管(ブラウン管)を発明
1901 マルコーニ(伊) 大西洋横断無線通信式実験に成功
1902 ヘビサイド(英)
ケネリー(英)
それぞれが電離層を発表
1904 フレミング(英) 二極真空管を発明
1905 アルベルト・アインシュタイン(独) 相対性理論(現代物理学の父とも呼ばれる)
1906 ド・フォレスト(米) 三極管を発明
1906 フェッセンデン(加) 無線電話実験
1919 バルクハウゼン(独) 強磁性体のバルクハウゼン効果を発見
1924 ジョン・ロジー・ベアード(英) 世界初となるテレビシステムを製作
1925 八木秀次(日)
宇田新太郎(日)
八木・宇田空中線(アンテナ)を発明
1927 高柳健次郎(日) ブラウン管で受信するテレビ実験に成功
1928 ツウォリキン(米) アイコノスコープを発明
1942 アタナソフ(米) ABCマシーンを制作
1945 ノイマン(米) プログラム内蔵方式電算機を提案
1946 モークリー(米)
エッカート(米)
ENIACを制作
1947 バーディーン(米)
ブラッテン(米)
点接触トランジスタを発明
1949 ショックレー(米) 接合型トランジスタを発明
1959 ノイス(米) 集積回路の特許を出願し、係争後特許を取得
1960 江崎玲於奈(日) トンネルダイオード(エサキダイオード)を発明
1962 ジョセフソン(英) ジョセフソン効果を発見
1969 ARPANET(アーパネット・アメリカの研究機関)(米) インターネットを発明
1971 インテル社(米) マイクロプロセッサを発表
1972 IBM社(米) フロッピーディスクを発表

スポンサーリンク