テスターの使い方 初心者用

この記事で書いていること

テスターは電圧、電流、抵抗値、あるいは電線の導通を測ったりすることができます。

テスターにはデジタルテスターとアナログテスターの2種類があります。

ここではテスターの使い方を初心者用にやさしく説明します。

目次

デジタルテスター

デジタルテスター(マルチメータともいいます。)の外観です。


テスターで測定するときの原則

  1. 電圧や電流、抵抗などを測定するときには、測定レンジの大きいものから使用するのが原則です。
  2. 測定対象の電圧に対して、適切なレンジを選ぶことが大切です。
  3. 電圧を測定するときは、テスターを回路に並列に接続します。
  4. 電流を測定するときは、テスターを回路に直列に接続します。

直流電圧の測定

★ 直流電圧を測るには、テスターのダイヤルをDCVの目盛りにします。


テスター棒の 黒(マイナス) は プラグ1 に接続します。
テスター棒の 赤(プラス) は プラグ2 に接続します。

このテスターは直流電圧の測定範囲が、次のようになっています。

200 [mV] = 0.2 [V]
2000 [mV] = 2 [V]
20 [V]
200 [V]
1000 [V]

乾電池の電圧を測定する

乾電池は通常 1.5 [V] なので、テスターのレンジを 20 [V] にします。

新品の電池を測定したので 1.59 [V] あります。


■ プラスとマイナスの極性を逆にする

プラスとマイナスの極性を逆にすると、測定値がマイナスになります。


■ 回路図


交流電圧の測定

交流電圧を測定するには、テスターのダイヤルをACVの目盛りにします。


テスター棒の 黒(マイナス) は プラグ1 に接続します。
テスター棒の 赤(プラス) は プラグ2 に接続します。

このテスターは交流電圧の測定範囲が、次のようになっています。

200 [V]
750 [V]

■ コンセントの電圧を測定する

コンセントの電圧は交流ですから、テスター棒の極性は考えなくて大丈夫です。

103.1 [V] と表示されています。


■ 回路図


直流電流の測定

直流電流を測定するには、テスターのダイヤルをDCAの目盛りにします。


テスター棒の 黒(マイナス) は プラグ1 に接続します。
テスター棒の 赤(プラス) は プラグ2 に接続します。

このテスターは直流電流の測定範囲が、次のようになっています。

200 [μA] = 0.2 [mA]
2000 [μA] = 2 [mA]
20 [mA]
200 [mA] 

■ ヒント

1 [μA] = 1/1000 [mA]
1 [mA] = 1/1000 [A] 

■ 乾電池に 100 [Ω] の抵抗を接続する

乾電池に 100 [Ω] の抵抗を接続するとオームの法則から
\(I=\cfrac{1.5}{100}=0.015\) [A] = \(15\) [mA] の電流が流れます。

テスターのレンジをDCA の 20 [mA] にします。

計算上より少ないですが、約14 [mA] の表示になりました。


■ 回路図

電流を測定するときは、テスターを回路に直列に接続します。


■ 直流電流10Aの測定

直流電流の10Aを測るには、テスターのダイヤルを10Aの目盛りにします。


テスター棒の 黒(マイナス) は プラグ1 に接続します。
テスター棒の 赤(プラス) は プラグ3 に接続します。

導通試験

電線と電線が接続されているかなどの、導通を測定する場合に使います。


テスター棒の 黒(マイナス) は プラグ1 に接続します。
テスター棒の 赤(プラス) は プラグ2 に接続します。

■ 導通している場合

  1. テスターの数値が0(ゼロ)になります。
    また、音がなったりするものもあります。
  2. テスターの数値が0(ゼロ)でなく、1とか2になります。
    この場合も導通しているとみなして構いません。

抵抗の測定

抵抗を測定するには、テスターのダイヤルを [Ω] の目盛りにします。


テスター棒の 黒(マイナス) は プラグ1 に接続します。
テスター棒の 赤(プラス) は プラグ2 に接続します。

このテスターは直流電流の測定範囲が、次のようになっています。

200 [Ω]
2000 [Ω]
20 [kΩ]
200 [kΩ]
2000 [kΩ] = 2 [MΩ]

■ 100 [Ω] の抵抗を測定

★ 抵抗のレンジを 20 [kΩ] にして測定します。

測定値が 0.10 [kΩ] なので 0.10×1000=100 [Ω] になります。


★ 抵抗のレンジを 2000 [Ω] にして測定します。

測定値が 100 [Ω] になります。


■ 回路図

 

■ テスターによっては、レンジが細かく分かれていないものがあります

DCV\(\cdots\)直流電圧を測定します。大きさは自動で計測します。
ACV\(\cdots\)交流電圧を測定します。大きさは自動で計測します。
[Ω]\(\cdots\)抵抗値を測定します。大きさは自動で計測します。


電池の交換

電池を交換するときは、ビスを外して裏ブタを開けます。

使用電池はテスターにより異なりますのでテスターに適合した電池を交換します。


テスター紹介

測定レンジ切り替え型テスター

直流と交流の電圧、電流、抵抗値などを測定します。

測定にはレンジの切り替えが必要です。

測定レンジの切り替え不要のスマートメーター

このテスターの特徴

  • 電圧、抵抗、導通テストの3つに関しては、測定内容を自動的に識別します。
  • 自分で測定内容を選択する必要がなくて、非常に便利です。
  • データホールド、オートパワーオフ、懐中電灯、バックライト、ローバッテリー表示など便利な機能があります。
  • 過負荷時のオーバーレンジ保護機能付き、あらゆる電気測定しでも安全性は保障いたします。
  • 保護カバー付き、耐衝撃性も高いです。

以上で「テスターの使い方 初心者用」の説明を終わります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる