直流安定化電源の選び方と使い方

この記事で書いていること

電気製品はコンセントの100Vにつながっているものでも、内部では直流の電気を使用しています。

テレビなどのリモコンなどは電池で動作します。ノートパソコンなどは、ACアダプタで直流(12V~20Vなど)を使用しています。

この記事では、直流安定化電源の目的と使い方について説明します。

目次

直流安定化電源とは

直流安定化電源とは
簡単に言うと、直流安定化電源は電気回路を調べたりするときに、大きさの違う電圧を取り出すための電源です。

直流安定化電源は、なぜ必要なのですか?

電気機器の電源は、3Vで動作するもの、6V、9V、12V、18Vで動作するものなど、いろんな電圧のものがあります。

このような電圧が必要なとき、どうしたら良いでしょうか?

乾電池では何個もつながないとならないし、ちょうど良い電圧が作れるとは限りません。

このようなときに、役立つものそれが直流安定化電源です。

■ 直流安定化電源でできること

  1. 必要な電圧が出力できる。
    0V~30V位)が一般的です。
  2. 出力が一定であること。
    負荷が変わっても電圧が一定している。
  3. 電気機器につないだときの、電流や電力が表示される。
  4. 出力電流を制限することができるので、電気機器を壊すリスクが小さい。
  5. DCジャック変換アダプタを使えば、ほとんどの電気機器の電源として使える。

★ 電気機器は、100Vのコンセントに接続して使いますが、ACアダプタなどで直流に変換して使用しています。

ACアダプタが、見つからないときやACアダプタを接続しても、機器が動作しないときなどに直流安定化電源が役立ちます。

電気機器が壊れているのか、ACアダプタが悪いのかを判別することができます。

ノートPCなどのバッテリーを、充電する電源として使うことも可能です。

★ 直流安定化電源は、バッテリーなどと違って出力端子のプラスとマイナスを、万が一ショート(短絡)させてしまっても安全です。

これは、検査する機器がショートしている場合を想定して、想定外の電流が流れないように設計されています。

さらに、過電流が流れた場合にも、直流安定化電源が壊れないようにヒューズで守られています。

通常の使い方をすれば、直流安定化電源は安全に使えます。

直流安定化電源の選び方

電気機器の開発者や設計者であれば、国内メーカーの直流安定化電源も必要かもしれません。

しかし、一般の人が使うには、それほど高級なものでなくても十分使うことができます。

インターネット通販などにも、1万円以下で買えるものがいくつもあります。

どんな製品を選んだらよいでしょうか

1万円以下の直流安定化電源の定格は

  • 電圧が 0V~30V
  • 電流が 5A あるいは 10A のものが多くあります。

★ 私が購入するときに、重視したもの

出力するときにのスイッチがあるものというのが、絶対的な条件です。

理由は、電源のスイッチだけのものでは、電圧を変更するたびに出力端子から機器を外す必要があります。それではとても不便です。

電気工作の実験に便利な直流安定化電源を購入してみましたので、商品のレビューをしてみます。

直流安定化電源

購入した直流安定化電源は「HANMATEK」可変直流安定化電源 DC電源(0-30V 0-10A)のものです。

この電源を購入した決め手は、電源スイッチと出力スイッチが独立していることです。

低価格の直流電源は、電源スイッチだけしか無いものがほとんどです。

つまり、電源スイッチを入れるとそのまま、OUTPUTに出力されるものです。

■ 製品の内容物

  • 直流安定化電源本体
  • 電源ケーブル
  • ワニ口の接続端子
  • 取扱説明書(字が小さいので後で拡大コピーしました)


直流安定化電源の各部の説明

■ 電圧・電流・電力の表示

  • 電圧は最大32 [V]
  • 電流は最大10 [A]
  • 電力は最大300 [W] まで使用できるようです。 

■ 電圧設定と電流設定方法

■ 電圧設定の方法

  1. 電圧のつまみを1回押すと小数点2桁目が点滅します。
    約2秒位点滅するので、その間につまみを回して電圧を変更します。
  2. 電圧のつまみを2回押すと小数点1桁目が点滅しますので、同様につまみを回して電圧を変更します。
  3. 電圧のつまみを3回押すと1の位が点滅しますので、同様につまみを回して電圧を変更します。
  4. 電圧のつまみを4回押すと10の位が点滅しますので、同様につまみを回して電圧を変更します。

■ 電流の設定方法

電流設定も電圧設定と同じように設定できます。

  1. 電流のつまみを1回押すと小数点3桁目が点滅し設定できます。
  2. 電流のつまみを2回押すと小数点2桁目が点滅し設定できます。
  3. 電流のつまみを3回押すと小数点1桁目が点滅し設定できます。
  4. 電流のつまみを4回押すと1の位が点滅し設定できます。

電源の出力の方法

電源スイッチを入れて、電圧値と電流値を設定します。

電圧を12 [V] 、電流を1 [A] にしました。

「OFF」の表示なので、出力端子には出力されません。


2.出力スイッチを入れると、出力端子に設定した電圧が出力されます。


まとめ

キャンプなどで使うポータブル電源容量500Wに、充電してみました。電圧24Vで電流4A(約90W)の定格充電で充電することができました。

充電器は少し熱が出ますが、内部ファンが温度により入ったり切れたりします。

この直流安定化電源は、思ったとおり出力のスイッチがあるので使いやすいです。

この 直流安定化電源のデメリット は、電圧と電流をセットするときに
つまみを押すことで、設定状態になるのですが 2秒くらいで元に戻る ので設定がやりづらいということです。

★ 1度押して設定状態になり、設定したらもう1度押すと元に戻るほうが良かったと思います。

以上で「直流安定化電源の選び方と使い方」の説明を終わります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる