直流安定化電源の使い方

電気工作の実験に便利な直流安定化電源を購入してみましたので、商品のレビューをしてみます。

直流安定化電源はどんなものかと言うと、電圧を自由に変えて出力することができるものです。

ポータブル電源などに充電したりすることもできます。

直流安定化電源

購入した直流安定化電源は「HANMATEK」可変直流安定化電源 DC電源(0-30V 0-10A)のものです。

この電源を購入した決め手は、電源スイッチと出力スイッチが独立していることです。

低価格の直流電源は、電源スイッチだけしか無いものがほとんどです。
つまり、電源スイッチを入れるとそのまま、OUTPUTに出力されるものです。

負荷を電圧の違うものに変更する場合など、出力をつなぎ替えなければならないのは面倒です。

直流安定化電源の各部の説明

■ 電圧・電流・電力の表示
電圧は最大32 [V] 
電流は最大10 [A] 
電力は最大300 [W] まで使用できるようです。 

電圧設定と電流設定方法

■ 電圧設定の方法
1.電圧のつまみを1回押すと小数点2桁目が点滅します。
約2秒位点滅するので、その間につまみを回して電圧を変更します。
2.電圧のつまみを2回押すと小数点1桁目が点滅しますので、同様につまみを回して電圧を変更します。
3.電圧のつまみを3回押すと1の位が点滅しますので、同様につまみを回して電圧を変更します。
4.電圧のつまみを4回押すと10の位が点滅しますので、同様につまみを回して電圧を変更します。

■ 電流の設定方法
電流設定も電圧設定と同じように設定できます。
1.電流のつまみを1回押すと小数点3桁目が点滅し設定できます。
2.電流のつまみを2回押すと小数点2桁目が点滅し設定できます。
3.電流のつまみを3回押すと小数点1桁目が点滅し設定できます。
4.電流のつまみを4回押すと1の位が点滅し設定できます。

電源の出力の方法

1.電源スイッチを入れて、電圧値と電流値を設定します。
電圧を12 [V] 、電流を1 [A] にしました。
「OFF」の表示なので、出力端子には出力されません。

2.出力スイッチを入れると、出力端子に設定した電圧が出力されます。

以上で「直流安定化電源の使い方」の説明を終わります。