アフィリエイト広告を利用しています

起電力と電圧の違い

目次

起電力とは

起電力は電源(電池など)が、持つ電圧のことです。

電池などの電圧1.5ボルトが、起電力です。

起電力は電圧の一種で、単位は ボルト [V] で表します。

回路図は、次のようになります。縦に書いても横に書いても、構いません。

起電力の表記は、\(E\) を使います。

電圧とは

電圧は、2点間の電位の差を表します。

電圧の単位は、起電力と同じ ボルト [V] で表します。 

電圧の表記は、\(V\) を使います。

電圧の種類

電圧の種類には、次のものがあります。

  • 電圧(2点間の電位差)
  • 起電力(電池など電源の電圧)
  • 電圧降下(抵抗などの負荷によって発生する電圧)

電圧降下は、電気回路の負荷(ふか)に電流が流れると発生する電圧のことです。

負荷とは、電気回路の抵抗などのことを言います。

起電力と電圧の違いのまとめ

起電力とは、電池など電圧を発生する電源のことを言います。

電圧とは、2点間の電位差を言います。

電圧は電位差のことで、次のようなものがあります。

  • 起電力による電圧
  • 任意の2点間の電圧
  • 電圧降下による電圧

電位差については、「電圧と電位の違い」が参考になります。

以上で「起電力と電圧の違い」の説明を終わります。

目次