重ね合わせの理




スポンサーリンク



重ね合わせの理

重ね合わせの理とは一つの回路中に、「複数の電源(起電力)がある場合

各枝路に流れる電流は、各電源(起電力)がそれぞれ単独にあるときに、その枝路に流れる電流の和に等しい」というものです。

次のような、簡単な回路を使って説明します。

上図の回路に流れる電流を求めるという問題ならば、電源の値は 50V – 20V = 30Vなので、30÷5=6A と計算できます。

この問題を「重ね合わせの理」を、使って解くと次のようになります。

左側の電源を計算する

まず、左側の50Vの電源を残して、もう一方の電源を短絡します。

すると、この回路に流れる電流 \(I_1=10\) [A] になります。

右側の電源を計算する

同様にして、こんどは右側の20Vの電源を残して、左側の電源を短絡させます。

すると、この回路に流れる電流 \(I_2=4\) [A] になります。

したがって、元の回路に流れる電流は、\(I=I_1-I_2=10-4=6\) [A] になります。

このように、それぞれの回路の計算をして、あとで重ね合わせる計算方法のことを「重ね合わせの理」といいます。

計算例

重ね合わせの理を使って、例題を解いて見ましょう。

左側の48Vの電源の回路は次のようになります。各電流を求めます。

合成抵抗は \(R_a=2+\cfrac{2×2}{2+2}\)=3 [Ω]

\(I_{1a}=\cfrac{48}{3}\)=16 [A]

\(I_{2a}=16×\cfrac{2}{2+2}\)=8 [A]

\(I_{3a}=16×\cfrac{2}{2+2}\)=8 [A]

同様にして、右側の12Vの電源回路の各電流を求めます。

合成抵抗は \(R_b=2+\cfrac{2×2}{2+2}\)=3 [Ω]

\(I_{1b}=\cfrac{12}{3}\)=4 [A]

\(I_{2b}=4×\cfrac{2}{2+2}\)=2 [A]

\(I_{3b}=4×\cfrac{2}{2+2}\)=2 [A]

各枝路の電流 \(I_1・I_2・I_3\) を求める。

\(I_1=I_{1a}-I_{1b}\)=16-2=14 [A]

\(I_2=I_{2a}-I_{2b}\)=8-4=4 [A]

\(I_3=I_{3a}+I_{3b}\)=8+2=10 [A]

以上で「重ね合わせの理」の説明を終わります。




スポンサーリンク