V結線とは

V結線とは2台の単相変圧器を、三相結線のデルタ結線方式で使用することをいいます。

つまり、2台の単相変圧器を使用して、三相の変圧を行うことができます。

V結線で三相変圧ができる理由

 

三相デルタ結線の場合

三相デルタ結線の接続は、図のようになります。

端子ab間の電圧 \(V_{ab}\) は、端子ab間と端子acb間の2つを考えることができます。

端子ab間は \(V_{ab}=E_a\) 

端子acb間は \(V_{ab}=(-E_b)+(-E_c)\) 

と表すことができます。

ベクトル図では、次のようになります。

V結線の場合

三相デルタ結線の \(E_a\) を取り除くとV結線になります。

\(E_a\) を取り除いても \(V_{ab}\) には \(E_a\) と同じ起電力が現れます。

ベクトル図を見ると、

\(V_{ab}=(-E_b)+(-E_c)\) として \(E_a\) が表示されるのが分かります。

V結線の効率

V結線の最大出力は \(\sqrt3VI×10^{-3}\quad\rm[kVA]\) 2台の変圧器を使用しているので

効率は

\(\cfrac{\sqrt3VI}{2VI}=\cfrac{\sqrt3}{2}=0.866\) なので

\(86.6%\) になります。

関連記事

三相交流回路のスター結線(Y結線・星型結線)とデルタ結線(Δ結線・三角結線)の特徴について説明します。 スター結線の線間電圧 は 相電圧の ルート3倍 になります。 デルタ結線の線電流 は 相電流の ルート3倍 になります。[…]

以上で「V結線とは」の説明を終わります。