抵抗率と導電率の関係




電気を「よく通す」と考えられる導体でも、小さな抵抗があります。

電流の「通しにくさ」を表すものが、「抵抗率」といわれるものです。

電気によく使われるものに、抵抗器というものがあります。

抵抗器の役割りは電気回路において、電流の流れを制御するもので、電気回路ではもっとも多く使われる部品です。

抵抗の大きさを表すのに電気抵抗を使い、その単位はオーム [Ω]です。

また、導電率というものがありますが、これは、電気の「流れやすさ」を表すものです。

ここでは、抵抗率と導電率について、説明します。

●抵抗率…電流の流れにくさを表すもの

●導電率…電流の流れやすさを表すもの

抵抗率とは

次の図は、抵抗のシンボルと抵抗の例です。

●導体の抵抗の求め方

\(R\) [Ω]、長さ \(L\) [m]、半径 \(r\) [m]の導体があります。

この導体の断面積は \(S=πr^2\) [m2]、抵抗率 \(ρ\) [Ω・m] とすると

この導体の抵抗は、次のようになります。

\(R=ρ\cfrac{L}{S}\) [Ω]

\(ρ=R\cfrac{S}{L}\) [Ω・m]

「導体の抵抗値は長さに比例し、断面積に反比例する」ということになります

抵抗率と導電率の関係

抵抗率 \(ρ\)(ロー)と導電率 \(σ\)(シグマ)は逆数の関係になります。

\(ρ=\cfrac{1}{σ}\) [Ω・m]

\(σ=\cfrac{1}{ρ}\) [S/m]

●導体の抵抗率は、温度が高くなるほど大きくなる性質があり、金属導体の場合-20°~+200°C では 1°C上昇するごとに次のように増加します。

\(α_0=\cfrac{1}{273.2}\fallingdotseq0.004 /^\circ C\)

温度 t°Cにおける抵抗値は \(R_{20}\) を 20°C の抵抗値とすると次のようになります。

\(R_t=R_{20}\{1+α_0(t-20)\}\)

この性質を利用して温度計測をすることが出来ます。

白金やニッケルが使われますが、これらの抵抗体のことを測温抵抗体と呼んでいます。

例 題

直径 2mm の円形の銅線が 1km あります。

抵抗率\(ρ=1.72×10^{-8}Ω・m\)のとき、この銅線の抵抗を求めよ。

解 答

この銅線の抵抗は

\(R=ρ\cfrac{L}{S}=1.72×10^{-8}\cfrac{1.0×10^3}{π×(1×10^{-3})^2}=5.47\) [Ω] になります。

以上で「抵抗率と導電率の関係」の説明を終わります。




スポンサーリンク