抵抗のカラーコード表

スポンサーリンク

抵抗のカラーコード表

カラーコード抵抗器の種類

 

カラーコード抵抗器には何種類かありますが、主に電気回路で使われるのは図のような炭素皮膜抵抗器と金属皮膜抵抗器です。

 

この2種類は色が違うので見分けるのは簡単です。抵抗のカラーコードは抵抗の数値を色で表したものです。

 

電子部品で使われている抵抗器は一般にカラーコードで抵抗値を表示しているものがほとんどです。

 

カラーコード抵抗器の価格

一般的に炭素皮膜抵抗器は価格が安いので、最もよく使われます。

 

金属皮膜抵抗器は温度係数が小さく精度が良いとされています。そのため、精度を必要とするような電子回路に使われます。

 

 

価格は抵抗のW数によって、違うので一概にはいえません。しかし、表にあるように炭素皮膜抵抗器と金属皮膜抵抗器には約3倍の価格の違いがあります。

種類 W数 本数 価格
炭素皮膜抵抗器 1/4 W 100本 約100円
金属皮膜抵抗器 1/4 W 100本 約300円

 

カラーコード炭素皮膜抵抗器の用途


 カラーコード炭素皮膜抵抗器(カーボン抵抗)は価格が安価で性能も安定していますが、オーディオ機器に使われることが多く最も一般的です。

 

 カラーコード表示は4本のものがほとんどです。ただし、大電力用のものはありません。雑音性能などにおいてもカラーコード金属皮膜抵抗器と比べるとやや劣ります。

 

 カラーコード抵抗値は幅広く1Ωから数MΩまであります。許容差は5%位のものがほとんどです。

 

カラーコード金属皮膜抵抗器の用途


 カラーコード金属皮膜抵抗器は高精度のものが容易に作ることができるので1%以下のものが多いです。カラーコード表示は5本のものがほとんどです。特性もカーボン抵抗に比べて安定しています。これも大電力用のものはありません。

 

 特長は特性が安定していることとノイズが小さいことです。許容差1%のものが容易に手に入るので、小型の1/2Wや1/4Wの抵抗についてはそんなに高価ではないので、使いやすいと思います。

 

抵抗のカラーコード表の見方

 

抵抗のカラーコードは図1のように色によって数字が決められています。

 

ほとんどの抵抗には、抵抗値を表すのにカラーコードを使用しています。また、抵抗値を文字で印字しているものもあります。

 

カラーコードで表示されているものには2種類があります。上2桁の値をベースにした4本表示のものと、上3桁の値をベースにした5本(6本)表示のものがあります。

 

カラーコード4本表示の抵抗の見方


図2の場合は数字部分が4と0で乗数が2なので、

 

$40×10^2=4000Ω$となります。

 

許容差はほとんどが5%以上なので、金色か銀色です。

 

カラーコード5本表示の抵抗の見方


図3の場合は数字部分が4と0と0で乗数が1なので

 

$400×10^1=4000Ω$となります。

 

許容差はほとんどが1%なので茶色です。一番最後の部分は許容差になりますので、直接の数値には関係ありません。

 

カラーコード表は別に覚えなくても、見方さえ分かるようになれば別に問題はありません。

 

ですから抵抗の見方だけは覚えておくほうが良いでしょう。

 

スポンサーリンク