Mathjax 上付き文字・下付き文字を表示するコマンドの使い方

Mathjax で上付き文字・下付き文字を表示する方法を紹介します。

上付き文字は指数などを表示するときに使用します。

また下付き文字を文字の前に表示したりする方法を説明します。

上付き文字を表示するコマンド

上付き文字
コマンド 「 ^上付き文字」
\[x = a^2 \pi \]\[y = a^{2 \pi}\]

\[x = a^2 \pi \]
\[y = a^{2 \pi}\]


上付き文字(左)
\[{}^{ xy } a\]

\[{}^{ xy } a\]

下付き文字を表示するコマンド

下付き文字
コマンド 「 _下付き文字」
\[p_n(x_0) = f(x_0)\]\[d_{ij} = f[x_i,x_{i+1},\cdots,x_{i+j}]\]

\[p_n(x_0) = f(x_0)\]
\[d_{ij} = f[x_i,x_{i+1},\cdots,x_{i+j}]\]


下付き文字(左)
\[{}_{ xy } a\]

\[{}_{ xy } a\]

上付き文字と下付き文字の組み合わせ

「上付き文字と下付き文字」の順番
\[x^2_0\]\[x_0^2\]

\[x^2_0\]
\[x_0^2\]


\[{x^2}_0\]\[{x_0}^2\]

\[{x^2}_0\]
\[{x_0}^2\]


\[x^{y^2}\]\[x_{y^2}\]

\[x^{y^2}\]
\[x_{y^2}\]


\[x_{y_0}\]\[x^{y_0}\]

\[x_{y_0}\]
\[x^{y_0}\]


関連記事

Mathjaxで記号や演算子を表示するコマンドについて説明します。計算記号や不等号など計算に必要な記号を集めてあります。計算記号表示コマンド + 加算 - 減算[…]

以上で「Mathjax 上付き文字・下付き文字を表示するコマンドの使い方」の説明を終わります。