抵抗、コイル、コンデンサの働き




抵抗、コイル、コンデンサの働き

  • 抵抗は直流回路でも交流回路でも、働きに変わりがありません。
  • 抵抗、コイル、コンデンサは、電気回路に使われる電子部品の呼び方です。
  • インダクタンスはコイルなどが電流の変化によって、誘導起電力が現れる性質のことを言います。
  • キャパシタンスはコンデンサなどに電荷を、どの位貯えられるかを示す量のことです。

交流回路における電圧と電流の位相の関係

インピーダンス

交流回路において抵抗として働くものを、総称してインピーダンスといいます。

●抵抗だけの回路のインピーダンス

電流と電圧は同相になります。

\(Z_R=R\) [Ω]

●コイルだけの回路のインピーダンス

電圧は電流より \(\cfrac{π}{2}\) 進みます。

\(Z_L=jωL\) [Ω]

●コンデンサだけの回路のインピーダンス

電圧は電流より \(\cfrac{π}{2}\) 遅れます。

\(Z_C=\cfrac{1}{jωC}\) [Ω]

抵抗回路の関係

\(Z_R=\cfrac{V}{I}=R\) [Ω] になります。

したがって、電圧と電流の位相は同相になる。

コイル回路の関係

コイルの回路のインピーダンスは

\(Z_L=\cfrac{V}{I}=jωL\) [Ω] になります。

コイル回路の電圧と電流の位相は

電圧は電流より \(\cfrac{π}{2}\) 進みます。

コンデンサ回路の関係

コンデンサ回路のインピーダンスは

\(Z_C=\cfrac{V}{I}=\cfrac{1}{jωC}\) [Ω] になります。

コンデンサ回路の電圧と電流の位相は

電圧は電流より \(\cfrac{π}{2}\) 遅れます。

RLC単独回路のまとめ

抵抗、コイル、コンデンサのそれぞれの回路の関係をまとめると、次のようになります。

以上で「抵抗、コイル、コンデンサの働き」の説明を終わります。




スポンサーリンク