電験三種 H24年 理論 問16(三相交流)

スポンサーリンク

電験三種 H24年 理論 問16(三相交流)


問 16
図のように、相電圧200[V] の対称三相交流電源に、複素インピーダンス $\dot{Z}=5\sqrt{3}+j5[Ω]$ の負荷がY結線された平衡三相負荷を接続した回路がある。

 

次の(a)及び(b)の問に答えよ。

 

 

(a) 電流 $\dot{I_1}[A]$ の値として、最も近いものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

 

 

(b) 電流 $\dot{I_{ab}}[A]$ の値として、最も近いものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

 

 

 

<解答例>

 


ここをクリックで解答の表示・非表示

問 16
図のように、相電圧200[V] の対称三相交流電源に、複素インピーダンス $\dot{Z}=5\sqrt{3}+j5[Ω]$ の負荷がY結線された平衡三相負荷を接続した回路がある。

 

次の(a)及び(b)の問に答えよ。

 

 

(a) 電流 $\dot{I_1}[A]$ の値として、最も近いものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

 

 

(b) 電流 $\dot{I_{ab}}[A]$ の値として、最も近いものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

 

<解答>
 (a)の場合から考えてみると、電源側のΔ結線をY結線に変換します。Y-Y結線にすると一相分の等価回路は次のようになります。

Δ結線をY結線に変換すると、
相電圧は線間電圧の $\cfrac{1}{\sqrt{3}}$ になり、位相は $\cfrac{π}{6}$ 遅れます。

 

したがって、相電圧 $\dot{E_{aY}}$ は
\[\dot{E_{aY}}=\dot{E_a}×\left(\cfrac{1}{\sqrt{3}}∠-\cfrac{π}{6}\right)=200∠0×\left(\cfrac{1}{\sqrt{3}}∠-\cfrac{π}{6}\right)=\cfrac{200}{\sqrt{3}}∠-\cfrac{π}{6}\]

 

また、インピーダンスを複素表示から極座標表示にすると
\[\dot{Z}=a+jb→\dot{Z}=Z(cosθ+jsinθ)→\dot{Z}=Z∠θ\]

 

したがって、
\[\dot{Z}=5\sqrt{3}+j5=10\left(\cfrac{\sqrt{3}}{2}+j\cfrac{1}{2}\right)=10∠\cfrac{π}{6}\]

 

以上のことから、電流 $I_1$ は次のように計算することができます。

 

参考 (ベクトルの掛け算では、角度を求める場合足し算をします。ベクトルの割り算の時は、角度を求める場合引き算をします。)

 

$\dot{I_1}=\cfrac{\dot{E_{aY}}}{\dot{Z}}$

 

$\dot{I_1}=\cfrac{\left(\cfrac{200}{\sqrt{3}}\right)}{10}\left(∠-\cfrac{π}{6}-∠\cfrac{π}{6}\right)$

 

$\dot{I_1}=\cfrac{20}{\sqrt{3}}∠-\cfrac{π}{3}$

 

$\dot{I_1}≒11.55∠-\cfrac{π}{3}$ になります。

 

(a)の答えは (4) になります。

 

 

 

 (b)の場合は、「三相交流のΔ-Δ結線」から、相電流は線電流の $\cfrac{1}{\sqrt{3}}$ 倍で位相は $\cfrac{π}{6}$ 進みます。

 

したがって、
$\dot{I_{ab}}=\dot{I_1}×\cfrac{1}{\sqrt{3}}∠\cfrac{π}{6}$

 

$\dot{I_{ab}}=\cfrac{20}{\sqrt{3}}∠-\cfrac{π}{3}×\cfrac{1}{\sqrt{3}}∠\cfrac{π}{6}$

 

$\dot{I_{ab}}=\cfrac{20}{\sqrt{3}}×\cfrac{1}{\sqrt{3}}∠\left(-\cfrac{π}{3}+\cfrac{π}{6} \right)$

 

$\dot{I_{ab}}≒6.67∠-\cfrac{π}{6}$
になります。
(b)の答えは (5) になります。

 

正解は問aが(4)、問bが(5)

 

スポンサーリンク