H24年 理論 問6(抵抗の直並列回路)

H24年 理論 問6(抵抗の直並列回路)

問 6
図のように、抵抗を直並列に接続した回路がある。

この回路において、\(I_1=100\) [mA] のとき、\(I_4\) [mA] の値として、最も近いものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

解 答

各抵抗の電圧降下を計算する。

\(R_4\) の抵抗の電圧降下を求めることで、電流 \(I_4\) [mA] を求められる。

\(R_1\) の抵抗の 電圧降下 \(=20Ω×0.1A=2\) [V] 

\(R_2\) の電圧降下は \(R_1\) と同じで \(2\) [V] 

\(I_2=2V÷10Ω=200\) [mA]

\(I_3=I_1+I_2\) なので \(300\) [mA]  

\(R_3\) の 抵抗の電圧降下\(=40Ω×0.3A=12\) [V] 

\(R_4\) の 電圧降下 \(V=2V+12V=14\) [V] になります。

したがって、
\(I_4=\cfrac{14V}{30Ω}\)\(≒0.467\) [A]

\(I=467\) [mA] になります。

正解は(4)になります。

関連記事

電気回路の基本法則のオームの法則について説明します。 ■ オームの法則 オームの法則を初めて見る人が理解する方法 オームの法則は、電圧と電流、抵抗についての関係を示すものです。 覚えやすいように、次の[…]

以上で「H24年 理論 問6(抵抗の直並列回路)」の説明を終わります。