電験三種 H21年 理論 問6(抵抗)

スポンサーリンク

電験三種 H21年 理論 問6(抵抗)


問 6 
抵抗値が異なる抵抗 $R_1 [Ω] と R_2 [Ω]$ を図1のように直列に接続し、30 [V] の直流電圧を加えたところ、回路に流れる電流は 6 [A] であった。 
次に、この抵抗 $R_1 [Ω] と R_2 [Ω]$ を 図2 のように並列に接続し、30 [V] の直流電圧を加えたところ、回路に流れる電流は 25 [A] であった。このとき、抵抗 $R_1 [Ω] , R_2 [Ω]$ のうち小さい方の抵抗 [Ω] の値として、正しいのは次のうちどれか。

 

 

 


ここをクリックで解答の表示・非表示

問 6 
抵抗値が異なる抵抗 $R_1 [Ω] と R_2 [Ω]$ を図1のように直列に接続し、30 [V] の直流電圧を加えたところ、回路に流れる電流は 6 [A] であった。 
次に、この抵抗 $R_1 [Ω] と R_2 [Ω]$ を 図2 のように並列に接続し、30 [V] の直流電圧を加えたところ、回路に流れる電流は 25 [A] であった。このとき、抵抗 $R_1 [Ω] , R_2 [Ω]$ のうち小さい方の抵抗 [Ω] の値として、正しいのは次のうちどれか。

 

<解答>
図1より、オームの法則により、
$R_1+R_2=\cfrac{30}{6}$ → $R_1+R_2=5…(1)$

 

図2より、合成抵抗は並列なので「和分の積」で求められる。
$\cfrac{R_1R_2}{R_1+R_2}=\cfrac{30}{25}$ → $\cfrac{R_1R_2}{R_1+R_2}=\cfrac{6}{5}…(2)$

 

(2)式に(1)式を代入する。
$\cfrac{R_1R_2}{5}=\cfrac{6}{5}$ → $R_1R_2=6…(3)$

 

(1)式を変形する。
$R_2=5-R_1$ となる。この式を(3)式に代入すると、

 

$R_1(5-R_1)=6$

 

$R_1^2-5R_1+6=0$

 

$(R_1-2)(R_1-3)=0$

 

$R_1=2 or R_1=3$ のようになります。

 

これは、$R_2$ で求めても同じ値になります。

 

したがって、抵抗のうち小さい方の抵抗の値は 2Ωになりますので、

 

正解は(4)

 

スポンサーリンク