電験三種 H21年 理論 問14 問題と解説

目次

問14

問 14

可動コイル型直流電流計 \(A_1\) と可動鉄片型交流電流計 \(A_2\) の2台の電流計がある。

それぞれの電流計の性質を比較するために次のような実験を行った。

図1のように \(A_1\) と \(A_2\) を抵抗 100 [Ω] と電圧 10 [V] の直流電源の回路に接続したとき \(A_1\) の指示は 100 [mA]、\(A_2\) の指示は(ア)[mA] であった。

また、図2のように、周波数 50 [Hz]、電圧 100 [V] の交流電源と抵抗 500 [Ω] に \(A_1\) と \(A_2\) を接続したとき \(A_1\) の指示は イ [mA]、\(A_2\) の指示は 200 [mA] であった。

ただし、 \(A_1\) と \(A_2\) の内部抵抗はどちらも無視できるものであった。

上記の記述中の空白箇所(ア)及び(イ)に当てはまる最も近い値として、正しいものを組み合わせたのは次のうちどれか。


<解答例>

■ 各電流計の特徴
可動コイル形…直流専用で指示値は平均値を示す。

可動鉄片形…交直両用で指示値は実効値を示す。

図1の場合、直流なので \(A_1,A_2\) ともに、同じ値を示すので \(A_2\) の値は 100 [mA] になる。

図2の場合、交流なので可動コイル型の \(A_1\) は指針が振れないので 0 [mA] となる。

正解は(3)になります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる