Mathjax 記号・演算子を表示するコマンドの使い方

Mathjaxで記号や演算子を表示するコマンドについて説明します。

計算記号や不等号など計算に必要な記号を集めてあります。

計算記号

表示 コマンド
 + 加算
 - 減算
 \(\times\) 乗算
 \(\div\) 除算
 = 等しい
 \(\neq\) 等しくない
 \(\fallingdotseq\) ほぼ等しい
 \(\sim\) ほぼ等しい
 \(\simeq\) ほぼ等しい
 \(\approx\) ほぼ等しい
 \(\pm\) プラスマイナス
 \(\mp\) マイナスプラス
 \(\therefore\) 故に
 \(\because\) 従って
   

不等号

表示 コマンド
 \(\gt\) 大なり
 \(\geq\) 大なりイコール
 \(\geqq\) 大なりイコール

 \(\lt\) 小なり  
 \(\leq\) 小なりイコール
 \(\leqq\) 小なりイコール

 \(\gg\) 
 \(\ll\) 

演算子

表示 コマンド
 \(\amalg\) 
 \(\ast\) アスタリスク
 \(\bigcirc\) 
 \(\circ\) 
 \(\bigtriangleup\) 
 \(\bigtriangledown\) 
 \(\bullet\) 
 \(\cdot\) 
 \(\cdots\) 
 \(\cup\) 
 \(\cap\) 
 \(\subset\) 
 \(\supset\) 
 \(\subseteq\) 
 \(\supseteq\) 
 \(\sqcup\) 
 \(\sqcap\) 
 \(\sqsubseteq\) 
 \(\sqsupseteq\) 
 \(\in\) 
 \(\ni\) 
 \(\notin\) 
 \(\dagger\) 
 \(\ddagger\) 
 \(\diamond\) 
 \(\star\) 
 \(\triangleleft\) 
 \(\triangleright\) 
 \(\odot\) 
 \(\ominus\) 
 \(\oplus\) 
 \(\otimes\) 
 \(\setminus\) 
 \(\vee\) 
 \(\wedge\) 
 \(\wr\) 
 \(\asymp\) 
 \(\bowtie\) 
 \(\cong\) 
 \(\doteq\) 
 \(\equiv\) 
 \(\mid\) 
 \(\models\) 
 \(\parallel\) 
 \(\perp\) 
 \(\vdash\) 
 \(\dashv\) 
 \(\prec\) 
 \(\preceq\) 
 \(\propto\) 
 \(\smile\) 

以上で「Mathjax 記号・演算子を表示するコマンドの使い方」の説明を終わります。