直流回路の問題(電圧降下に関する問題)

練習問題

直流回路の電圧降下の問題です。電圧降下は電流が流れることにより電位が下がる現象です。

電流が流れ込む方の電位が高く、電流が流れ出ると電位が低くなります。

問題

次の回路の各抵抗の両端の電圧を求めなさい。

<解答例>
電池のマイナス側を基準にして \(0\) [V] にして、\(a\) からの電圧降下を計算します。

• \(a\) の電位は \(110\) [V]  

\(ab\) 間の抵抗での電圧降下は
\(V_1=60×50×10^{-3}=3\) [V]  

• \(b\) の電位は \(107\) [V] 

\(bc\) 間の抵抗での電圧降下は
\(V_2=50×100×10^{-3}=5\) [V] 

• \(c\) の電位は \(102\) [V] 

\(cd\) 間の抵抗での電圧降下は
\(V_3=30×100×10^{-3}=3\) [V] 

• \(d\) の電位は \(99\) [V] 

したがって
\(R_1\) の両端の電圧は \(107\) [V]  

\(R_2\) の両端の電圧は \(102\) [V] 

\(R_3\) の両端の電圧は \(99\) [V] になります。

関連記事

電気回路の計算をするときに、 起電力や電圧降下の正負 を考える必要があります。電源の起電力が電圧降下の合計と等しくなることで、電気回路は成り立っています。起電力や電圧降下の正負を正しく理解することは、オームの法則[…]

以上で「直流回路の問題(電圧降下に関する問題)」の説明を終わります。