CATEGORY

電気回路の基礎

導体と絶縁体

導体と絶縁体は何が違うのでしょうか。導体と絶縁体の構造を調べてみます。導体は電気をよく通すということで、電気設備や送電線などの場所に使用されています。また絶縁体は導体を他の導体と短絡したりするのを防ぐ役割があります。

最外殻電子と価電子

原子核を中心にして、内側から電子殻というものがあります。電子殻にはK殻、L殻、M殻、N殻…とあります。それぞれの殻には、電子の入れる許容数が決まっています。他の原子と反応しやすい電子のことを、価電子といいます。

アナログテスターの原理

テスターは電気工作をする人には、不可欠と言っても良いものです。テスターが一台あるととても便利です。テスターには数値を針で示すアナログのものと、数値で示すデジタルのものがあります。ここでは、アナログテスターの原理と使い方を説明します。

デジタル計器の仕組みと特徴

電気回路の測定をする装置には、アナログ計器とディジタル計器があります。ディジタル計器は測定されたアナログデータを、計器の内部にあるA/D変換器によりディジタルデータに変換して測定します。ここでは、ディジタル計器について説明します。

発電所から家庭までの電気の流れ

電気は水力、火力、原子力など様々な方法で作られています。発電所で作られた電気を、どのようにして、家庭まで届けているのでしょうか。発電所から電気を送電線で送る時になぜ、高い電圧にする必要があるのかなど説明します。

主な発電方法の種類

電気を発電する方法には様々な方法があります。主な発電方法には水力発電、火力発電、原子力発電、風力発電、太陽光発電などがあります。2010年代になってからは、火力発電の割合が非常に大きくなっています。特にLNGの割合が大きくなってきました。

4路スイッチの仕組み

片切スイッチ、3路スイッチ、4路スイッチは次のような構造をしています。 4路スイッチの仕組み 1階と2階のように 2箇所 […]