CATEGORY

電気回路の基礎

電流の速さは光の速さと同じ?

電線につないだ電灯は、何百メートル離れていても、スイッチを入れれば瞬時に電気がつきます。電気のスピードは光の速さと同じと言われます。電気はどうしてそんなに早く伝わることができるのでしょうか。電気が伝わる速さについて説明します。

直流と交流は何が違う?

直流で最も身近なものは乾電池です。直流とは電圧の大きさが、時間の経過によって変化しません。交流というのは、家庭のコンセントに来ているもので、時間の経過と共に電圧が変化しているものです。ただし、その変化が1秒間に50回あるいは60回という速さで変化しています。

電気は貯められないの?

電気を貯めるというと、一番に思い浮かぶのは電池だと思います。しかし、電池に貯めるというのは、電気をそのままの状態で貯めているわけではなく、化学反応で電気を貯めているのです。電気をそのままで貯める技術はまだ確立できていません。

電気を子供に優しく教える

もし、小さい子供に電気って何?と聞かれたら、どう説明したら良いでしょうか。子供に難しい数式を出して、説明した所でなんにもなりません。理科嫌いになってしまうかもしれません。身近にあるもので実験するのが良いと思います。

感電する仕組みについて

人間はどのような時に電線に触れると感電するのでしょうか。電線に触れた時でも、電気が通る状態にならなければ、感電することはありません。電線に止まっている鳥は感電していません。また人間はどの位の電気が、流れると危険なのかを紹介します。

電気とは何か?

電気とはいったい何のことでしょうか? 分かりそうでよくわからないものです。 しかし、なぜ電気ができるのかというと、電気は […]

コイルに電気を流すとなぜ磁石になるの?

エナメル線を円筒形に巻いたものをコイルと言います。コイルに電気を流すと電磁石になります。コイルに電気を流すとどのような理由で、磁石になるのか、また、コイルの芯に鉄心を入れるとなぜ、磁力が強くなるのかを簡単に説明します。

N極だけ、S極だけの磁石は作れない!

磁石はたとえ、2つに切っても磁石が2つになるだけで、N極だけあるいはS極だけの磁石にはなりません。そもそも、磁石自体が小さな磁石の集まりなので、片方の極だけの磁石にならないのです。磁力を持つおおもとは電子の力なのです。