CATEGORY 直流回路

直流回路

相互インダクタンスとは

相互誘導とは、2つのコイルがある時、一つのコイルの電流が変化することで、もう一方のコイルに起電力が発生する現象をいいます。この時、発生する起電力の大きさは、コイルの形状 、大きさ、相互の位置などによる比例定数 $M$ によって決まります。この比例定数 $M$ を相互インダクタンスといい、単位には自己インダクタンスと同じ[H](ヘンリー)を使います。

直流回路

円形電流が作る磁界とソレノイドが作る磁界

ひと巻きの円形コイルが円の中心に、作る磁界の大きさを求める公式があります。この公式は円形コイルの中心の磁界の強さだけを求めるものです。また、このコイルがN巻の時は、ひと巻の時のN倍になります。ソレノイドとは、円筒状にコイルをグルグルに巻いたものです。ソレノイドの磁界は、1m当たりの巻数の密度に関係してきます。