CATEGORY

直流回路

初めて見る人が理解できるオームの法則

電気の分野においてオームの法則は最も基本となるものです。「電圧」と「抵抗」と「電流」のそれぞれの関係を表わしたものがオームの法則です。よく知られているオームの法則の覚え方を紹介します。また具体的な問題を解いて、オームの法則を理解していきます。

オームの法則の問題集

電気の分野においてオームの法則は最も基本となるものです。「電圧」と「抵抗」と「電流」のそれぞれの関係を表わしたものがオームの法則です。具体的な問題を解いて、オームの法則を理解していきます。

キルヒホッフの法則

キルヒホッフの法則には、第1法則(電流に関する法則)と第2法則(電圧に関する法則)の二つがあります。キルヒホッフの法則の第1法則は、電気回路の任意の分岐点をaとした時、分岐点aに流れ込む電流の総和と分岐点aから流れ出る電流の総和は等しいというものです。また、キルヒホッフの第2法則は任意の閉回路の起電力の総和と電圧降下の総和は、等しいというものです。

キルヒホッフの法則の手順

キルヒホッフの第1法則とキルヒホッフの第2法則を、適用する手順を説明します。数値を入れた回路を使って、具体的にどのようにキルヒホッフの法則を使うのかについて紹介しています。

重ね合わせの理

重ね合わせの理とは回路の中に、複数の電源がある時に使う計算のやり方です。1つの回路中に複数の電源がある時には、オームの法則では計算することができません。重ね合わせの理とは名前の通り、それぞれの電源を単独で計算し、後で重ね合わせるやり方です。

重ね合わせの理の解析手順

複数の電源がある回路を、重ね合わせの理を使って解析する手順を説明したいます。各電源毎に計算をして、最後に文字通り重ねることで問題を解く方法です。

テブナンの定理

テブナンの定理は複雑な回路を、等価回路に変換して電流を求める定理です。 テブナンの定理の使い方 テブナンの定理 は 回路 […]

テブナンの定理の証明

複雑な回路網があるとき、任意の2点間に流れる電流がテブナンの定理で求められることを証明します。 テブナンの定理とは ■  […]

ノートンの定理

ノートンの定理は任意の場所の電圧を求めるのに便利な定理です。 この記事はノートンの定理の手順と使い方について書いています […]