CATEGORY

直流回路

合成抵抗の計算

2つ以上の接続された抵抗を1つの抵抗にしたものを合成抵抗といいます。直列に接続された時の合成抵抗の計算方法や並列に接続さてた時の合成抵抗の計算方法をやさしく説明します。並列接続の合成抵抗の計算方法をやさしく計算する順序を紹介します。

合成抵抗の例題

合成抵抗の例題を集めました。合成抵抗を求めるには問題を解いてみることが、理解する早道です。 実際に問題を解いて見ましょう […]

ホイートストンブリッジによる抵抗測定

電圧計と電流計で回路を測定して、オームの法則で未知の抵抗を求めると誤差が出てきます。このような時にホイートストンブリッジ回路が役に立ちます。ホイートストンブリッジ回路を平衡させて、未知の抵抗を正しく測定することができます。このような回路をホイートストンブリッジといいます。

抵抗率と導電率の関係

導体には抵抗率というものが物質によって決まっています。抵抗率とは電気の通りにくさを表わしています。抵抗率と逆数の関係にある、導電率は電気の通りやすさを表すものです。抵抗率を使って導体の抵抗の求め方を、説明します。

抵抗による電圧の分圧

電圧の分圧とは、一つの電圧を直列接続した各抵抗により、電圧を分けることをいいます。この分圧を応用して、電圧計の測定範囲を広げることができます。この時の抵抗を倍率器といいます。

抵抗による電流の分流

電流の分流とは、一つの電流が並列接続した各抵抗に、それぞれ分かれて流れることをいいます。この分流を応用して、電流計の測定範囲を広げることができます。この時の抵抗を分流器といいます。

起電力と電圧降下の正負

起電力と電圧降下の正負は、どのように考えたら良いのでしょう。起電力と電圧降下の正負が、一定していないと電気回路の計算をする時に困りますので、ここでは、起電力と電圧降下の正負の決め方を説明しておきます。

電圧・電流・電圧降下と矢印表現

電気回路では、起電力(電圧)や電流、電圧降下の電位を矢印で表現することがあります。矢印表現の示す方向には決められた意味があります。電気回路の矢印表現を理解するには、矢印表現の意味をはっきり理解しておく必要があります。