CATEGORY

直流回路

キルヒホッフの法則の手順

キルヒホッフの第1法則とキルヒホッフの第2法則を、適用する手順を説明します。数値を入れた回路を使って、具体的にどのようにキルヒホッフの法則を使うのかについて紹介しています。

重ね合わせの理

重ね合わせの理とは回路の中に、複数の電源がある時に使う計算のやり方です。1つの回路中に複数の電源がある時には、オームの法則では計算することができません。重ね合わせの理とは名前の通り、それぞれの電源を単独で計算し、後で重ね合わせるやり方です。

重ね合わせの理の解析手順

複数の電源がある回路を、重ね合わせの理を使って解析する手順を説明したいます。各電源毎に計算をして、最後に文字通り重ねることで問題を解く方法です。

テブナンの定理の証明

複雑な回路網があるとき、任意の2点間に流れる電流がテブナンの定理で求められることを証明します。 テブナンの定理とは ■  […]

ノートンの定理

ノートンの定理は任意の場所の電圧を求めるのに便利な定理です。 この記事はノートンの定理の手順と使い方について書いています […]

ミルマンの定理

電気回路が複雑になると、オームの法則やキルヒホッフの法則だけでは、計算が面倒になります。ミルマンの定理は複数の電源と抵抗が並列に接続された回路において、端子電圧を簡単に求めることができます。キルヒホッフの法則では面倒な計算の問題でもミルマンの定理では簡単に解くことができます。

フレミングの左手の法則と右手の法則

フレミングの法則には、電動機の回転方向を知るためのフレミングの左手の法則と、発電機の起電力を知るためのフレミングの右手の法則があります。フレミングの法則のすごい所は、この法則を人間の手に当てはめたことだと思います。